Triller(トリラー)はモテる

Triller(トリラー)はモテる

Triller(トリラー)は、動画を基本とするソーシャルアプリの1つです。
動画を基本とするソーシャルアプリは現在様々なアプリが存在し、中でも有名なアプリがTik Tokです。
Triller(トリラー)はTik Tokに対抗する為にできたアプリです。
今回は、そんなTriller(トリラー)でモテるのか、モテる為にはどうすれば良いのかについて詳しく解説して行きます。

Triller(トリラー)で稼ぐ方法?

Triller(トリラー)とは?

Triller(トリラー)とはユーザーがそれぞれ、自分オリジナルのショートビデオを作れるアプリです。
好きな楽曲を選んで、Vlogやリップシンク、ダンス動画などを投稿できます。
長さは15秒が基本で、そこからそれぞれ編集するといった形です。

Triller(トリラー)の特徴

Triller(トリラー)の特徴としては、主にダンス動画が全体を通して見ると多いです。
また、Triller(トリラー)のロゴと、ユーザー名が乗ってるのが特徴です。
現在では、海外のラッパーなどがTriller(トリラー)を通してSNSにMVなどをアップしています。

Triller(トリラー)とTik Tokの違い

Triller(トリラー)とTik Tokの違いは戦略自体には共通点がありますが、その実行方法が異なります。
Trillerはバイラル動画と音楽ストリーミングの溝を埋めることにフォーカスしており、ユーザーが好みの曲をApple MusicまたはSpotifyのプレイリストからフルでダウンロードできます。
一方でTik Tokは親会社であるバイトダンスが独自の音楽ストリーミングサービス設立を狙っているとの報道からもわかる通り、現在の音楽業界に革命を起こそうと考えています。
つまり、Triller(トリラー)は音楽業界と協力関係を結ぶ様なビジネスモデルですが、Tik Tokは音楽業界を乗っ取る様なビジネスモデルを展開しています。

Triller(トリラー)はモテるのか?

上記ではTriller(トリラー)とはどういったアプリなのかについて解説しました。
では、実際Triller(トリラー)を使う事でモテる事はできるのかについて解説していきます。
結論からいうとTriller(トリラー)を使ってモテる事はできます。

Triller(トリラー)でモテる為には?

Triller(トリラー)でモテる為には、まずダンスに特化する事です。
理由としては、現在のTriller(トリラー)ではヒップホップの音楽に合わせたダンス動画が海外で非常に人気があります。
つまり現在のTriller(トリラー)の需要としてはダンス動画が人気があるという事です。
Tik Tokでは、モノマネや語り動画など様々な動画でも需要はありますがTriller(トリラー)は音楽を取り入れたダンス動画がメインとして使われます。
なのでダンスが得意な方は、ヒップホップやR&Bの音楽に合わせてダンスをする事が1番モテる為の近道でしょう。
また、Triller(トリラー)は日本人のユーザーがまだまだ少ないです。
なので日本人というだけで、かなり有利です。
Triller(トリラー)でモテる為には、まずその市場の現在の需要を徹底して取り入れる事が1番良いでしょう。

Triller(トリラー)を利用し他のSNSを活用する

収入増を狙い、独自の広告ビジネスを進めるTikTokと違い、Triller(トリラー)はインフルエンサーを介して、ファンや広告主、提携関係にある音楽レーベルから資金を募る、というのがビジネスモデルです。
インフルエンサーマーケティングエージェンシー、ファンバイツCEO ティモシー・アームー氏は、Triller(トリラー)を利用し認知を高め他のSNSに移行し成功している者がたくさんいると述べています。
つまりTriller(トリラー)だけでモテようとするのではなくTriller(トリラー)を利用して周りの認知を広める事で他のSNSでも自分の認知を拡散する事ができるという事です。
モテる為には、周りの認知が必要不可欠になります。
周りの認知を獲得する為にはTriller(トリラー)の様なプラットフォームは非常に重要です。
ぜひ、Triller(トリラー)を上手く活用し自分の認知を拡散しましょう。

Triller(トリラー)を活用しモテよう

今回は、Triller(トリラー)について解説し、またTriller(トリラー)はモテるのかという事についても解説しました。
上記で述べた通り、Triller(トリラー)を使ってモテる事はできます。
またモテる為にはどうすれば良いのかも今回解説しました。
ぜひ、自分の認知を広げたい、モテたいと思っている方は、この記事を参考にしTriller(トリラー)を活用しモテる努力をしましょう。