Triller(トリラー)で稼ぐ方法を徹底解説!

Triller(トリラー)で稼ぐ方法を徹底解説!

今回は様々な市場のApple Storeランキングで上位に位置するTriller(トリラー)の解説に加えて、Triller(トリラー)で稼ぐ方法についてもお伝えしていきます。

Triller(トリラー)とは

Triller(トリラー)とはインスタグラムのリール(Reels)やByte(バイト:6秒動画「Vine」の後継アプリ)と同じく、動画を基本とするソーシャルアプリのひとつです。
現在世界でも流行っているTikTokが競合になっています。

Triller(トリラー)はモテる?

Triller(トリラー)とTikTokの関係

Triller(トリラー)の1番の競合はTikTokです。
TikTokは中国企業で、米国のトランプ政権はTikTokを禁止し、米国企業に買収させることを検討中で、そんな中米国企業が開発したアプリがTriller(トリラー)になります。
Triller(トリラー)はインド政府がTikTokを禁止してから4000万ダウンロードされています。

Triller(トリラー)と他の動画アプリの違いはあるのか?

Triller(トリラー)はTikTokが1番近い存在で似てはいるのですが、音楽中心で動画と音楽ストリーミングの溝を埋めることにフォーカスしてます。
TikTokが15秒だけなのに対してTriller(トリラー)はユーザーの好みの曲をApple MusicまたはSpotifyのプレイリストからフルでダウンロードすることも可能です。

Triller(トリラー)は普通の動画アプリなのか?

Triller(トリラー)は現在はTikTokと同じと思われるサービスもあります。
ですがTriller(トリラー)は「成功に欠かせない頑固なる基礎があり、クリエイターからハリウッドの重役まで、様々な有力者の金銭的後ろ盾を持っている」と言われています。

Triller(トリラー)で稼ぐことはできる

Triller(トリラー)で稼ぐことを考えている人もいると思いますが、インフルエンサーとの関係はこれからです。
ですが実際に2000万人を超えるフォロワーがいるジョシュ・リチャーズ氏をはじめとするTikTokスターの引き抜きに成功していて、Triller(トリラー)の魅力が拡大しているのです。

Triller(トリラー)で稼ぐなら今がチャンスなのか?

TikTokのユーザー数は8億人を超えていて、
Triller(トリラー)は約7000万人でまだまだTikTokには及びません。
ですがインドで禁止されたりと規制されて流れいく人もいるので今のうちに仕込んでいおくと人が増えてきた時に多くのファンが獲得できるので稼ぐ額も大きくなります。

広告主はチャンスになる?

Triller(トリラー)はTikTokと違いインフルエンサーを介して、ファンや広告主、提携関係にある音楽レーベルから資金を募るので基本的なコマーシャルモデルです。
Triller(トリラー)にとってTikTokと米トランプ政権が激突している時こそ広告主を惹き付ける好機なのです。

Triller(トリラー)を攻略して継続的に稼ぐ方法

Triller(トリラー)で稼ぐことを考えた時に、Triller(トリラー)だけで稼ぐことを考える人も多いと思いますが実は稼ぎ方には展開方法はいくつもあります。

Triller(トリラー)を軸に稼ぐ幅を増やす

Triller(トリラー)はオーディエンスの拡大が非常に安易いし、そこから人気を獲得すると他の媒体で多くの利益を出すことができます。
実際に人気を獲得してからインスタグラムなどの媒体で自分のブランドを確立することも可能です。

Triller(トリラー)で人気を獲得したらどうなる?

Triller(トリラー)の幹部チームが利点をまとめ上げ、明確な広告主に売り込みをかければある程度の収入は獲得できます。
そして日本でもインスタグラムやYouTubeからスカウトされてCMの出演を獲得した人もいますし、そこからテレビなどにも出演しています。
Triller(トリラー)からでもインスタグラム同様、様々な拡大の仕方があるのです。

Triller(トリラー)は時代に合った稼ぎ方が可能

Triller(トリラー)だけでは無いですが今は、個人のブランディングで稼ぐことができる時代になりました。
Triller(トリラー)は動画オーディションと言っても過言じゃありません。
Triller(トリラー)で人気を集めれば、自分から様々な企業に売り込みに行くことも可能です。

Triller(トリラー)の人気が絶頂になる前にやってみよう

Triller(トリラー)は今は動画アプリで1番のユーザー数がいるわけでな無いですが、今のうちにコツコツファンを集めれば、一気に稼ぐチャンスを掴むことで可能です。

全てのSNSも誰もが知るアプリになってからファンを増やすことは競争率が上がるので難しくなります。
まずは難しいことは考えないで遊び感覚でもいいので試してみましょう。