TikTok(ティックトック)で稼ぐ方法を徹底解説

TikTok(ティックトック)で稼ぐ方法を徹底解説

今回は、今大人気のSNS、TikTok(ティックトック)について徹底解説していきます。
TikTok(ティックトック)は動画投稿やライブ配信をするコンテンツとして若い世代を中心に流行っています。
そんなTikTok(ティックトック)の稼ぎ方について今回は解説していきます。

TikTok(ティックトック)でモテるにはコチラをチェック!

TikTok(ティックトック)で稼ぐ方法

TikTok(ティックトック)でお金を稼ぐ方法は、広告による収益を得てお金を稼ぐ事ができます。
TikTok(ティックトック)広告でお金を稼ぐ為には主に3つの方法を得る方法があります。

TikTok(ティックトック)で稼ぐ方法①|広告収入

TikTok(ティックトック)のメインの収入源となるのは、やはりYouTubeと同じく広告収入です。
TikTok(ティックトック)にはインフィード広告とタグチャレンジ広告、起動時画面広告の3種類の広告があります。
YouTubeの様に1つの動画にいくつの広告がついているかが換算しにくい形式ですので、運営側がトータルの広告収入を利用者たちの再生回数に応じて分配する方式となります。

TikTok(ティックトック)で稼ぐ方法②|投げ銭

ライブ配信による、投げ銭も大きな収入源も大きな収入源となります。
日本で有名なライブ配信は17LivePocochaなどといったライブ配信専用のアプリが人気ですが、中国のTikTok(ティックトック)では既にライブ配信機能があります。
ライブ視聴者からの投げ銭を受け取る事ができる様になっています。
直接的にティックトッカーを支援できる投げ銭機能は一般ユーザにとっても嬉しい機能です。

TikTok(ティックトック)で稼ぐ方法③|企業案件

TikTok(ティックトック)で有名なティックトッカーには企業から企業案件のオファーをもらっています。
動画の中で商品やサービスを紹介したり、Tag Challengeで人気のクリエイターを起用した際に、そのPR費として報酬を受け取る事ができます。
企業案件は広告収入や投げ銭と違い、運営による手数料の差し引きがありません。

他のサービスと連携して稼ぐ

TikTok(ティックトック)では、プロフィール編集により他のSNSと連携しお金を稼ぐ事ができます。
サービスを連携しておく事で、動画などを見てくれた人がをフォローしてくます。

TikTok(ティックトック)と連携できるSNSは?

TikTok(ティックトック)を連携することができるSNSは、3つあります。

そのSNSとはInstagramYouTubeTwitterの3つです。
TikTok(ティックトック)内で稼ぐ事は難しくても、他のSNSと連携させる事により、他のSNSを活用しお金を稼ぐ事もできます。

TikTok(ティックトック)内のフォロワーを増やそう

TikTok(ティックトック)内のフォロワーを増やす事ができれば、人気のティックトッカーなり、収益化プログラムにもすぐに対応ができる様になります。
また、上記でも解説した通り他のSISにも連携させる事ができるのでTikTok(ティックトック)内のフォロワーを増やす事が収益化に繋がる第一歩となります。

TikTok(ティックトック)を伸ばすには分析することが大事!

ではTikTok(ティックトック)の再生回数やいいねを伸ばすために、どんなことをすればいいのでしょうか?

TikTok(ティックトック)を分析するには、いいねの数を見る

TikTok(ティックトック)をみていく中で伸びている指標はいいね数を見ます。
当然、再生数も見ますが再生数よりいいね数を見る理由は、いくつかあります。

1つ目の理由は、再生数は属人的なコンテンツなのか非属人的なコンテンツなのかにもよっていいねの率に差があるからです。

2つ目はフォロワー数の増加と関係しています。
多くのアカウントがフォロワー数を増やす事を目指し運用していると思いますが、どんなコンテンツを出せばいいのかといった疑問に対する最適な答えが過去に投稿したコンテンツの中でいいね数が多い投稿に寄せていく事が鍵となるからです。

3つ目は、いいね数のバランスがそのアカウントの世界観の需要を表しているからです。
再生数は、TikTok(ティックトック)の特徴上、オススメに出てくるだけでカウントされてしまいます。
しかし、いいねの数に関してはユーザーが自発的に起こしたアクションです。
追うべき確度の高い数字は能動的な数字を見た方が正確な判断を起こしやすいです。

TikTok(ティックトック)アカウントの伸び方を理解する

TikTok(ティックトック)の運用では、モチベーションの上がり下がりが非常に激しいです。
その結果、3ヶ月以内で投稿でやめてしまう事です。
これはTikTok(ティックトック)の運用が、他のSNSに比べて運用コストがとても大きいからです。
また、アプリの特徴的に資産化されにくく、コンテンツベースなので、投稿によって伸びの変動が激しく、伸び悩みが来るという事です。
これを解決するためには運用体制がとても重要です。
どのSNS運用でも言えることですが、とにかく毎日の投稿素材を確保できる仕組みを構築する事です。

継続することが稼ぐ秘密

今回は、TikTok(ティックトック)の稼ぎ方について徹底解説しました。
上記でも解説した通りTikTok(ティックトック)は他のSNSに比べ伸び悩む事が多いです。
それによってモチベーションの低下は必ずきます。
しかし、どんな事も継続しなければ成果は出ません。
本気でTikTok(ティックトック)で稼ぎたいのであれば、最後まで諦めずに継続しましょう。
継続する努力を続け、TikTok(ティックトック)で稼げるテックトッカーになりましょう。