ネットライブ配信の「ライバー」はモテる?!

ネットライブ配信の「ライバー」はモテる?!

スマホやパソコンで簡単に登録ができるSNS。

利用者数も年々増えていっていますし、アプリの種類も増えてきています。
文章だけでなく写真や動画の投稿も出来るので、友人や家族間だけでなく
自分や仕事の宣伝で利用している人も少なくありません。

またあらかじめ撮っていた動画だけでなくリアルタイムでの配信もできます。
その配信も基本的には無料で出来るし無料で見ることができるので最近とても人気です。

ライバーの稼ぎ方についてはコチラ

ライバーは怪しい?

一般人が動画やリアルタイムでの配信をしているのは何かの勧誘ではないかと怪しむ人もいるかもしれませんが、全く怪しくないです。

趣味でやってたり、暇でやってたり、誰かに見て欲しくてやってる人が多いです。
承認欲求と呼ばれるものですね。

「ライバー」が利用する2大アプリ

最近ではTikTok(ティックトック)と17Live(イチナナ)の2つが人気ですね。

この2つのアプリについてご紹介していきます。

ライバーアプリ①TikTok(ティックトック)

TikTok(ティックトック)は音楽に合わせて振り付けや、表情を変えたりして動画を撮って公開するSNSです。
アップしている人は「ティックトッカー」と呼ばれています。
また、それ以外に通常の動画も載せることができます。
自分を魅せる以外にも、美容師さんがスタイリング動画をアップしたり、料理動画をアップしたりと使い方は様々です。

また写真加工アプリsnowのように、あらかじめ動画に加工ができるので、SNS女子から「盛れる」と人気です。

ライバーアプリ②17Live(イチナナ)

ネットライブ配信をしている人は「ライバー」と呼ばれます。

先ほど紹介した17Live(イチナナ)では「イチナナライバー」と呼ばれます。
17Live(イチナナ)では他のアプリと同様にコメントやいいねが押せるほか、ギフトといってスタンプのようなものも送ることができます。

ライバーはモテる?

芸能人やアーティストより身近な存在なので、親近感を持ってもらいやすいです。
女性のティックトッカーは、「あざとい女子」を演出することで男性からモテます。

TikTok(ティックトック)と17Live(イチナナ)を両方している人もいます。
TikTok(ティックトック)でアップしてる動画だけで配信者をイメージしてても
17Live(イチナナ)で初めて声を聞くファンもいると思います。
17Live(イチナナ)では、見てくれているファンやリスナーと会話もできます。
見ているだけじゃなく会話が出来るのはファンからすると嬉しいですよね。
この点が17Live(イチナナ)の人気の秘密のようです。

そのギャップでさらにファンになってくれたり、と2つとも使うことでモテることもできます。

ライバーでモテるといいこととは?

ギフトには無料と有料のものがあります。
無料ギフトがあるのになぜ有料ギフトを送ってくれるのでしょうか。
人気のライバーになると有料ギフトが沢山送られてくるので、それらがお給料になります。

無料があるなら無料ギフトを送りますよね。
有料で配信を見てくれるファンもいるそうです。

ライバーに課金するのはどうして?

アーティストのCDやアルバムをいくつも買ったところで本人から直接お礼を言われる機会って無いですよね。

17Live(イチナナ)などの配信者、ライバーの場合だとリアルタイムで配信中誰からなにを受け取ったか分かるので、その場でお礼やコメントをもらうことができます。

たくさんコメントやギフトをくれるファンのことは、名前も覚えてくれて認知されるので、ちょっとした優越感に浸れます。
名前を呼んだり、きちんとお礼を伝えたり、話題をふったりと、持っているモテ度が試されます。

ライバーでモテるとコメントや有料ギフトがもらいやすい

人気17Live(イチナナ)ライバーになるとコメントをしても、視聴しているファンが多すぎてコメントがすごい勢いで埋まるのでライバーがお礼や反応するのが追いつかず、流れてしまうことが多々あります。

ですが、コメントやギフトの数が多いと、名前の色が変わったり、称号が付いたり、レベルが上がったりと
他のファンと差別化ができるのでコメントやギフトを気付いてもらいやすいです。

つまりファンからモテることで、コメントや有料のギフトがたくさんもらえたり、人気もでてくるということです。

ライバーがモテて困ること

TikTok(ティックトック)や17Live(イチナナ)では、投稿者がどういう人なのかよく知らずにファンになっていくので広い層の方にファンになってもらえます。

よく知らない分、投稿や配信の部分だけでいいように考えてくれてファンになってくれたり、ネタ系や自虐系など、お笑い系の投稿や配信をしているとそのキャラを気に入ってくれてファンになってくれるなど。

一方で悪質なファン、アンチファンも残念ながらいます。
初めから悪質な人も稀にいますが、多くの場合はファンになった後にアンチファンに変わります。

悪質なファンとは?

悪質なファンには2つパターンがあります。

  • 彼女彼氏がいることが判明して逆恨み
  • 人気が出てきて相手にされなくなった
  • 投稿者本人が天狗になってしまう

などが、ファンから悪質なファンにかわってしまうパターンです。
アンチコメントなどで攻撃してくるのがこのパターンです。

個人情報やプライベートの流出に注意

ライバーがモテて困ることのもう1つが

  • 本名や住んでるところを探ってくる
  • 異性関係を探ってくる

など、個人情報やプライベートなことをいつまでもしつこく聞いてくるタイプです。
悲しいアンチコメントはないですが、粘着質なコメントがあります。

ひどくなるとセクハラっぽい内容のコメントや、好きすぎるあまりに付き合ってると勝手に思い込んでストーカー化したりするパターンもあるので注意です。

ファンと良い関係を保ちながらモテるライバーを目指そう

モテることはすごく嬉しいことですが、場合によっては悪い方向にもいってしまいます。
ライバーもファンも、お互いに良い関係を保てるようにSNSを楽しんでくださいね。