パーソナルスタイリングとは

パーソナルスタイリングとは

パーソナルスタイリングのことをファッション業界で働いている方は知っている人は多いと思いますが、ほとんどの方は知らないと思います。

なので、今回はパーソナルスタイリングについてご紹介します!

パーソナルスタイリングとは?

パーソナルスタイリングとはいったいどんな職業なのでしょうか?
疑問に思う方は多いと思うので、パーソナルスタイリングについてご紹介します!

パーソナルスタイリングの基本情報

パーソナルスタイリングは近年ファッション業界で最も注目を浴びている職業です。
さっそくパーソナルスタイリングの基本情報について見ていきましょう!

発展し続けるパーソナルスタイリング

2001年 日本のパーソナルスタイリストは政近準子がまったく新しい職業として創始しました。
そのテクノロジーは、政近の25年にも及ぶスタイリングメソッドとニューヨークファッション工科大学のイメージコンサルティングテクノロジーを基盤にしています。
今まで誰もが仕事としなかった、それは基盤・基準がなかったからです。

パーソナルスタイリングは広がっていく

芸能人のスタイリストにはカウンセリングという概念はいまだにありません。
もちろん必要もありません。
今後ファッションを含めて発展とどまらない中国・韓国へこの資格がひろがっていくと思います。

センスと知識が必要

誰でも洋服は選べます。だからこそ そこに差が生まれます。
ファッションスタイリングだけではなく、ヘアやメイクなど、トータルにアドバイスも出来るセンスと知識も必要です。
メディアに登場するわけでもなく、恵まれた体型の持ち主でもない一般の人たちが、今まで自分にスタイリストをつける、という発想はありませんでした。

もともと存在が薄かった!?

一般の人を相手にスタイリングが出来るスタイリストの存在もなかったのす。
存在がなかった理由は極めてシンプルで有名人がもつ独特なオーラや個性がない、雑誌に登場できるほどのスタイルもない一般の人たちを、ファッションで素敵にする、ということは頭で考えるより実際は極めて困難だからです。
恵まれた体型や人をひきつけるオーラをもつ人たちは極端に言えば何を着せても様になります。

パーソナルスタイリングのスタイリストと類似の職業との違いは?

ファッション業界には、パーソナルスタイリストに似た職業はたくさんあります。
なので、パーソナルスタイリストと類似の職業の違いについてご紹介します!

ファッション業界の様々な職業

ファッション業界には様々な職業があります。

  • スタイリスト
  • イメージコンサルタント
  • パーソナルカラーアナリスト
  • パーソナルショッパー
  • ショップ店員(ファッションアドバイザー)

上記のようにたくさんの職業があるので、パーソナルスタイリストとの違いについてご紹介します!

スタイリスト

「パーソナル」という言葉がつかない「スタイリスト」は、モデルや芸能人を担当するスタイリストを指すのが一般的です。
テレビ局や雑誌社、芸能事務所などから仕事を依頼されます。
衣装は一般的にブランドやレンタルショップでリースして調達します。

撮影スタイリングについてはコチラ

イメージコンサルタント

洋服に限らず、立ち居振る舞いや話し方、ヘアメイクなど見た目全般を広くコンサルティングする仕事です。

ショップ店員

特定のメーカーや小売店に所属し、店舗に立って接客販売を行います。
そのお店で扱う商品に関して深い知識を持ち、扱う商品の範囲内でお客様に似合う服をお薦めし、販売するのが仕事です。

パーソナルスタイリングのスタイリストの将来性

パーソナルスタイリングの職業には将来性があるのでしょうか?
そんなパーソナルスタイリングの将来性や成功の秘訣をご紹介します!

どんどん広がる、パーソナルスタイリストの活動の場所

パーソナルスタイリストと言っても、実際に活動している人の仕事内容や活動領域は様々です。
流行りが常に変わり続ける中で、オシャレに迷う人に情報発信できる存在の需要はますます高まっています。

自分の強みを活かそう!

パーソナルスタイリストになることを考えたとき、真っ先に浮かぶのがこの活躍スタイルでしょう。
しかし、似合う服を診断することをメインにする場合もあれば、お買い物同行だけを行う人、ワードローブチェックから収納のアドバイスまでを中心にするケースなどそのやり方は様々です。
自分の強みを活かせるスタイルを見つけることが成功の秘訣です。

アパレルショップの経営

パーソナルスタイリストと、自分のショップ経営を両立させる人もいます。
自社の商品の中でお客様に似合うものがあればおすすめし、そうでなければ他のショップへお買い物同行というスタイルです。
店舗を構えずにECサイトからスタートできる時代、ショップ経営のハードルも下がってきているためチャレンジしやすくなっています!

個人向けスタイリングサービスのプロフェッショナル

パーソナルスタイリングは幅広い仕事内容や活躍スタイルなので、人によって全然違う場合もあります。
また、アパレルショップの経営もしている方もいるので、将来性は十分にありそうです。

パーソナルスタイリストは、個人向けスタイリングサービスのプロフェッショナルです。