カメラマンの種類

カメラマンの種類

最近は動画や映像に仕事で力を入れている人は、たくさんいますよね。
そんな映像を撮るマメラマンですが、カメラマンの種類はたくさんあります。

なので、今回は、カメラマンの種類についてご紹介します!

カメラマンにもいろんな人がいる

カメラマンにもいろんな人がいる

カメラマンの人によって活動領域も違えば、専門にしているジャンルも異なることがあります。
写真が使われる媒体や意図によって、どのような写真が求められるのかは変わってくることも多いです。
なので、カメラマンの種類の分け方はいろいろあります。

主なカメラマンの種類

撮影を行う場所の違いで言うと、主に以下の3つに分けることができます。

  • スタジオ型カメラマン
  • 作家型カメラマン
  • 屋外型カメラマン

上記の3つのカメラマンについての違いを見ていきましょう!

スタジオ型カメラマン

スタジオ型カメラマンは、ファッション雑誌や商品広告向けに、モデルやタレントなどの人物を中心に撮影するカメラマンのことです。
また、物や商品を専門に撮影するカメラマンもいます。
これらを「商業カメラマン」と言うこともあります。
また、昔ながらの「写真館」のように、七五三や成人式などの記念写真を撮影するカメラマンも、スタジオ中心で活動しています。

作家型カメラマン

作家型カメラマンは、雑誌や広告などの商業向け、もしくは社会性の高い報道向けではなく、個人で写真集を出したり個展を開いたりして、お金を稼いでいるカメラマンのことです。
スタジオ型や屋外型のカメラマンが基本的にクライアントから依頼を受けて撮影するのに対し、作家型のカメラマンは、創作活動に近い部分があります。
それできちんと収入を得ているこのような人たちも、立派なプロのカメラマンといえます。

屋外型カメラマン

スポーツを専門で撮影するスポーツカメラマン、事件や事故現場に出向き撮影する報道カメラマン、また雑誌でも旅行やグルメ関連のものなど、外を歩き回りながら撮影するカメラマンが屋外型カメラマンに当たります。
屋外で活躍するカメラマンのなかには、建築物や風景、鉄道、動物などを専門に撮影する人もいます。

動画と映像の違いとは?

動画と映像の違いとは?

あなたは動画と映像の違いをはっきりとわかりますか?
ほとんどの人はわからないと思いますが、カメラマンの種類として全然違ってくるのでご紹介します!

動画と映像の違いはイメージが違う!?

動画と映像は意味は一緒ですが、イメージが違います。
そんな動画と映像の違いについて詳しくご紹介します!

動画とは?

動画はアマチュアっぽい、YouTubeやWEB上コンテンツなど、スマホで撮影したものなどが含まれます。また、動画は編集ありでもなしでも動画とみなされます。
ただ、時代の流れ的に、動画が一般的になりそうと言う意見がたくさんあります。
確かに、凝った映像は時間もかかるし、あまりテレビを見ない人は増えてきています。
最近はやはりYouTubeなどを見ている人がたくさんいます。

映像とは?

映像はプロっぽい、映画、TVなどのコンテンツのことで、専門カメラで撮影していると言う点が挙げられます。確かにこう見てみると、動画と映像の違いはわかってきますね。
動画は簡単に撮影できる面がありますが、映像となるとたくさんの時間がかかります。
また。
プログレッシブとインターレースの違いなどもあります。

スチールカメラマンとは?

スチールカメラマン、またはスチルカメラマンは映画を中心とした映像制作において、宣伝用の静止画写真を撮影するカメラマンのことです。
日本語ではスチールマンと呼ばれることもあります。

スチールカメラマンの基本情報

スチルカメラマンは、映画の撮影現場で仕事をする職能であるが、その仕事が作品の製作に直接関与することはないです。
通常は作品の宣伝チームに雇用され、ポスター、雑誌、新聞等のメディアで使用するための写真を撮影します。

スチル撮影

撮影現場では、映画監督および助監督、照明部といった関係スタッフとともに作業をし、必要な写真を撮影します。撮影本番中のシーンをスチル撮影することもあり、その際にはサウンド・ブリンプを使用してシャッター音を消音し、録音部が雑音を拾わないようにします。
撮影中のスチル撮影が不可能な場合、助監督の協力を得てシーンを再現、スチル撮影を行います。

ポスターなどにも使われる

スチルカメラマンは、シーンの撮影のほか、俳優陣と、ロケーション撮影の撮影現場あるいはセット撮影の舞台装置を別々に撮影しておきます。
DVD発売時の特典にみられるようなメイキング写真も同様です。
撮影用の衣裳をまとった俳優たちの写真を撮ることも必要とされます。
こういった写真は、他の画像やイラスト等と組み合わせ、ポスター等で使用されることがあります。

撮影スタイルは時代背景によっても変わる

カメラマンの種類はたくさんありますが、特に撮影を行う場所の違いや、動画や映像の違いなどがあります。
なので、特に型にはまった様子ではなく自分が撮りたいのを撮るというようになっています。
また、近年ではYouTubeなどの動画が人気です!

プロのカメラマンと自撮りの違いについてはコチラ