信頼できるネイリストがいるネイルサロンの選び方

信頼できるネイリストがいるネイルサロンの選び方

ネイルサロンに行ったことのある人
行ったことはないけどこれから行く予定のある人
様々だと思いますが、通うネイルサロンはどうやって選びますか?

知ってる人からの紹介や、知り合いがネイリストをしている以外は、ネイルサロンがたくさんありすぎて選びきれないですよね。
同じお金と時間を使うなら、上手いネイリストさんにやって欲しいですよね。

では、どういう選び方をすれば、失敗しないネイルサロン選びができるのか!

ネイルサロンの選び方|SNSの投稿チェック!

最近ではネイリスト、ネイルサロンが、お客様に施術したネイルをSNSに投稿しています。
仕上がりを載せているので、他のネイルとの比較もしやすいですね。

また何枚かに分けてビフォーからアフターまで載せているネイルサロンもあります。
ネイルをする前にする前処理の仕方もネイルサロンによって様々です。
何が良くて何が悪いかは、お客様によって違いますよね。

例えば、とにかく早く仕上げて欲しい人なら、スピードを重視します。
それよりも丁寧にケアして欲しい人なら、工程ごとにしっかり施術することを重視します。

前についてたネイルを取り除いて、そのまま新しいネイルを施すネイルサロンは「スピード重視」
取り除いた後に丁寧に甘皮の処理をしてくれるネイルサロンは「工程重視」のサロンなので選ぶときのポイントになりますね。

検索するときのタグ

SNSでネイルサロン、ネイルを検索するとき、どういう風に検索しますか?
自分の好きなネイルや気になるワードを入れて検索しますよね?

例えばシンプルネイル、派手ネイル、キラキラネイルなど。
検索するワードによって載せている写真も違ってきますし、サロンの感じや雰囲気も違います。

自爪が短くて長さを出したい人は、スカルプネイルや長さだしなどで検索すると、自分の好きな仕上がりにしてくれるネイルサロンを見つけやすいですね。

ネイルアート

爪という小さな面積に絵を描く、想像しただけでも細かい工程です。

お花や草木、ハートなど定番のアートから最近は痛ネイルといってアニメやアーティストをそっくりそのままペイントするネイルもあります。

お花や草木はフリーハンドでニュアンスで書くことが多いので、線を重ねて描くネイリストもいれば、一線で描くネイリストもいるので感性が合うネイリストさんにお願いしましょう。

痛ネイルはリアルに描けるかがとても重要です。
ネイルサロンによっては痛ネイルお断りのサロンもあるので、事前に調べて特化したネイルサロンを見つけましょう。

その他に立体的なパーツをつける3Dアートもあります。
爪にそのまま立体を作っていく場合と、事前にパーツを作ってもらっててそれを爪につけていく場合とがあります。
3Dではキャラクターものがほとんどなので
再現率が高いネイリストさん、3D専門のネイルサロンに行くことをおすすめします。

コーティング

ネイルのデザインなど全てが終わった後のコーティング。
マニキュアで言うとトップコートのようなものを塗ります。

このコーティングで仕上がりですが、ネイリストの技量で表面がボコボコになったり、艶が出ず曇っていたり、塗りすぎてボテっと見えたりと結構重要になってきます。
好みの分厚さで、ツルんと仕上げてくれるネイリストさんを見つけましょう。

検定資格やコンテスト入賞歴

ネイリストは美容師と違い、資格がないと働いてはいけない訳ではありませんが、資格をきちんととっているネイリストに任せる方が安心ですよね。

一級を取得してるネイリスト、上級を取得しているネイリストはそれだけで安心感があると思います。
資格にはその他にも種類もあり、ジェルのメーカーにもよりますがライセンスもあります。

お客様にあった塗り方、ケアの仕方など分けて提案してくれるので頼りがいがありますね。
また、コンテストなどで入賞歴のあるネイリストはアートが得意なことが多いです。

コンテスト内容にもよりますが細かいペイントアートが多いので、アートが好きな方はおすすめです。

仕上がりやアート以外でいうと、もともと自爪が弱い、爪の形が悪い、折れた爪の補強、などネイルをする前の処理の仕方が上手いネイルサロンも大事ですよね。

ワンポイントアドバイス|自爪が弱い場合のサロン選び

もともとの自爪が弱い場合、刺激の弱い薬剤を使うサロンや爪に優しいジェルを使うサロンがおすすめです。

ジェルネイルをする際、モチを良くするために表面を少し削ってジェルを定着させます。
その削る工程で爪が薄くなり弱ってしまうので自爪が弱い方はネイルをすることを躊躇してしまうと思います。
削る工程がいらないジェルを使うと爪が薄くなることなくネイルができるのでおすすめです。

また、ついているネイルを取り除くときに薬剤を使いますが使う薬剤によっては爪を多少溶かしてしまうものもあります。
薬剤を使わない、もしくは低刺激のものを使ってるサロンに行くことをおすすめします。

事前に調べておくと失敗することもかなり少なくなります。
好みのネイルサロン、ネイリストさんに出会えるといいですね!