モデルのウォーキングとは?

モデルのウォーキングとは?

モデルというと、どのようなことを想像するでしょうか?

やはりパリコレなどでもよく見かける細長いステージ“ランウェイ”を歩くファッションショーのようなものが一番にイメージできるかと思います。

一流のモデルさんはそのランウェイを素晴らしい全くぶれないウォーキングで歩いていきます。

事務所に所属しているモデルさんであればファッションショーなどで歩く機会が少なからずあると思います。

今回はモデルのウォーキングについてご紹介します。

モデルウォーキングの基本とは?体をまっすぐに!

モデルウォーキングの基本とは?体をまっすぐに!

モデルウォーキングは先ほど説明したとおりファッションショーでの歩き方の事を言い、できるかできないかでモデルとしての質が変わります。

まずは基本について簡単に説明していきます。

視線は遠くを見つめる様に前方定め、あごを軽くひいて背筋を伸ばして歩きます。

この時の背筋を伸ばす意味は、胸を張るのではなく、天井から吊るされた様なイメージで体をまっすぐにすることが重要です。

腕は自然に振りましょう。このとき肩の力が入っているとぎこちなく見えてしまいます。

歩いている時の見た目は大事ですが、まずは堂々と自信を持ってランウェイを歩くことがモデルとして必須です。ランウェイでは自分だけに注目が集まるタイミングがあります。自信をもってウォーキングしましょう。

モデルウォーキングのポイントとは?普通に歩くのと何が違うの?

モデルウォーキングのポイントとは?普通に歩くのと何が違うの?

モデルウォーキングは普通に歩くのとは違います。

モデルウォーキングは腰を支点とする重心を前へ前へ送り出すイメージで上体を前に移動させながら、立っている側の脚の膝を曲げないように歩きます。

そのため体重は左右交互にかかってくることになります。
重要なポイントとしては、脚を出すときは両脚の内もも同士がすれるぐらいまで交差しながら、できるだけかかとに体重をかけないようにすることです。

こうすることでランウェイを見ているお客さんから見た時、正面から見た時のシルエットを綺麗に見せることができます。

全身のバランスを取ることが大事

また一瞬、脚や体幹で体重を支えることになるので、全身のバランスを取ることがとても大切です。

背筋と膝をしっかり伸ばして、腰に重心を置くイメージで歩くとスムーズにできることが多いです。

このとき、つま先は進行方向に真っ直ぐまたは少し外側に向けるようにしておきましょう。

また歩幅を大きくすることで、脚を長く見せたり、スピード感を演出したりすることができます。

ざっくりまとめると・・・

  • 腰を支点として、重心を前へ出すイメージで上体を前に移動
  • 立っている脚の膝は絶対に曲げない
  • 両脚の内ももが交差するように脚を出すと綺麗に見える
  • できるだけかかとに体重をかけないイメージで
  • 体重は足と体幹で支える
  • つま先は真っ直ぐもしくは少し外側を意識する
  • 歩幅を大きくとる

実はモデルウォーキングにはリズム感も重要!BGMによって雰囲気が変わる!

実はモデルウォーキングにはリズム感も重要!BGMによって雰囲気が変わる!

テレビやyoutubeの動画サイトでなどでファッションショーを見たことがある方はわかると思いますが、ファッションショーではBGMがシーンや雰囲気に合わせて流れています。

モデルウォーキングではBGMに合わせて歩くことが重要なポイントになってきます。

音楽をかじったことのある方ならイメージしやすいですが、テンポは2ビートから4ビート、8ビートまであります。
日常的に様々なジャンルの音楽に触れておくといいでしょう。
普段から聞いている音楽をBGMにしてモデルウォーキングの練習をすると練習も楽しくできますよね!

モデルウォーキングでもポージングが大事!

モデルウォーキングでもポージングが大事!

ポージングとはモデルさんがランウェイを歩いて、ターンして帰る際に決めるまえにとるポーズです。

ポージングはショーの雰囲気を作る動作や表現になってきます。
今回はポーズの中でも大きい役割をしめるバストショットについてご説明します。

バストショットについて

腕の位置は基本的にボディラインに沿わせましょう。
また多いポージングとしては腰に手を置いたり、肘を折ったり、手首を折ったりといったものがあります。

手先は実は重要なポイントで手先の動きや位置で印象を変えられます。
顔の近くに持ってくるだけでやわからかい印象になったり、逆に不安げな印象も与えることができます。

表情については作りすぎるとショーが台無しになってしまうのでなるべくさりげなくキメる表情を準備しておきましょう。

どのようなヘアメイクをするかによってショーの大きく印象は変わります。
ウォーキング時は基本的に好きなことを思い浮かべたり、辛いことを思い浮かべたり表情を作ることが多いです。

目線はかなり重要で強い視線や、おぼろげな目などを想像してしまいがちですが、表情を悟られない目線を意識しましょう。

→「モデルのポージングについて詳しくはこちら

モデルウォーキングは柔軟に対応できる様に積み重ねが重要!

モデルウォーキングは柔軟に対応できる様に積み重ねが重要!

モデルのウォーキングについてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

レッスンや日々の自主練習で積み重ねが一番重要になってきます。

一度や二度ショーで歩いたからといって、慣れたつもりになるのではなく、どんな雰囲気のショーでも対応できる様にと、準備と想定をしておくことが大事になります。

そこで役に立つのが今回ご紹介した基礎になるので常に意識しておきましょう。