モデルのボディメイク|パーソナルトレーニングの基礎知識

モデルのボディメイク|パーソナルトレーニングの基礎知識

近年、筋力トレーニング、ランニング、ウオ―キングといった身体を動かす運動が流行っています。
ブログやSNSで一般人、モデル、芸能人、有名人がトレーニング写真をあげている人が増えてきているのも良い例です。

運動を行う場合、一人で行う場合と友達と楽しく行う場合とトレーナーさんと一緒に行う3パターンが主にあると思います。
最近はトレーナーさんとトレーニングする「パーソナルトレーニング」が流行っています。

モデルのボディメイクに必須?パーソナルトレーニングとは?

モデルのボディメイクに必須?パーソナルトレーニングとは?

個々の目的に合わせたトレーニングメニューを立案、トレーニング内容を個別考案・調整指導しながら目的に向かってトレーナーとクライアントがマンツーマンでトレーニングを行う事を言います。

フィットネス先進国の本場アメリカでは『ボデイメイク・エクササイズ=パーソナルトレーニング』と言うほど認知度が高く、一般の方でも当然の様に自分専任の個別トレーナーをつけています。

そのパーソナルトレーニングを

  1. 大手ジム
  2. プライベートジム
  3. 小〜中規模ジム
  4. 出張パーソナル

上記4つの形態に分けて比較していこうと思います。

パーソナルトレーニングの特徴を形態別に4つの項目で比較

パーソナルトレーニングの特徴を形態別に4つの項目で比較

一言でパーソナルトレーニングと言っても、ジムの付帯サービスであったり個人的にマンツーマンで受けるものなど形態は様々です。

パーソナルトレーニングの代表的なメニューを以下の4つの項目に分けて、それぞれの形態別に比較してみましょう。

  • a) 食事制限
  • b) 環境
  • c) 設備の充実
  • d) 価格帯

a)食事制限

ダイエットやボディメイクする上で食事はとても重要な要素です。
TVCMで有名なライザップなどでは、食事の写真を撮り専属トレーナーさんに送り
カロリー計算をしてもらったり、食べてはいけない物や食べるべき物をすぐアドバイスをしてくれます。

・大手ジム

初めのカウンセリングで行われるアドバイスぐらいしかない。

・小〜中規模ジム/出張パーソナル

店舗の規模やコンセプトによって食事制限があるところとないところがあります。

・プライベートジム

プロのトレーナーによるワンツーマンの指導なので、食事指導もしっかりアリオます。

b)環境

一般的にパーソナルトレーニングを行う場合、個室の部屋でトレーニングを行うのを
イメージすると思いますが、ジムなどによって環境は変わります。

・大手ジム/小〜中規模ジム

空いているマシン、スペースを使いトレーニングを行うため、予約の取り方や込み具合などを考慮する必要があります。

・出張パーソナル

多くの場合、自宅で行われるため、器具を使わないトレーニングや自分で器具を準備する必要があります。

・プライベートジム

個室で他人の目線を気にすることなくトレーニングを受けることができるため、質の高い効果が期待できます。

c)設備の充実

個々の目的に合わせてトレーニングを行う上で機器やダンベルの豊富さは重要になります。

例えば、アスリートやスポーツをしている方のトレーニングの場合だと専門的な機器が必要にもなってきます。一般的なボディメイクに関しては専門的な機器は必要ないが、ボディビル大会に出場する方は設備が充実している方がいいのです。

・大手ジム

トレーニング機器(ランニングマシン・サイクリングマシン・パワーラックなど)が充実しておりプールもある。
※プールは消費カロリーが高い運動も行えて怪我のリスクも少ない。

・小〜中規模ジム、プライベートジム

多くの場合、プールもなくトレーニング機器が豊富でないことが多い。

・出張パーソナル

自宅トレーニングになるので、ダンベル・ゴムチューブ・自重トレーニングとなる。

・プライベートジム

プールもなく、トレーニング機器の数は豊富ではないものの、トレーナーさんの好みで高重量のダンベルなど変った機器が置いている場合がある。

d)価格帯

パーソナルトレーニングの費用や支払い方法はジムによって異なります。

1回事に支払う場合や、まとめて支払いチケット制になっていたりします。
1回の費用は変わらないが、パーソナルトレーナーさんがたくさんいる所だと、指名制度もあるのでトレーナーさんを指名すると別途で指名料がかかる場合があります。

・大手ジム

【価格相場】6000円~7500円

60分のパーソナルトレーニング+月額料金になっています。ただパーソナル料金だけ見ると比較的安い値段設定になっています。
会員数が多い理由もある為安い値段設定になっています。

・小〜中規模ジム/出張パーソナル

【価格相場】7500円~10000円

大手ジムに比べると高いが、プライベートジムよりかは安い値段設定になっています。
出張パーソナルの場合は人件費、交通費が主にかかり機材、土地代、光熱費などがかからない分安価で対応できます。

・プライベートジム

【価格相場】10000円~22000円

プロのトレーナーによるワンツーマンの指導という事もあり高い値段になっています。
主にコースごとの値段設定になっており、まとめて支払う必要があるが、分割払いが可能な所もあります。

形態別に見たパーソナルトレーニングのメリットとデメリット

形態別に見たパーソナルトレーニングのメリットとデメリット

① 大手ジム・小〜中規模ジム

・メリット

月会費+パーソナル料金を支払う必要があるが、1回だけ受けてみて良くなければその1回で終える事もできるし、自分に合っていると思えばトレーニング成果や自分でトレーニングの継続が出来るまでといった様に途中で終える事も出来ます。

・デメリット

食事指導やしっかりしたサポートはなく、予約の取り方や込み具合などを考慮する必要があリます。

② 出張パーソナル

・メリット

トレーナーさんが自宅に来てくれて、いい意味でサボる事も出来ないです。他の場合だと当日も含め行きたくないと思えば都合をつけて休む事が出来きます。トレーニングを行う上でジム通いが面倒な方には良いと思います。

・デメリット

自宅という事もありトレーニング内容は、自重トレーニング・ゴムチューブを使ったトレーニングで、高重量を使ったトレーニングが行えないのです。またトレーニングスペースも確保する必要もあり面倒になってきます。

③ プライベートジム

・メリット

プロのトレーナーさんが食事指導や自分が納得いくまで相談にも乗ってくれて結果にコミットが出来きます。

・デメリット

コース料金で月会費がないとしても10万円以上の高額な料金を支払いワンツーマンのトレーニング又は人間関係が自分に合っていないと思っても途中でやめる事が困難であります。

大事なのは自分に合った無理のないトレーニングを選ぶこと

各ジムにより設備も違いますし、金額も違ってきます。
ジム選びですと、体験や見学も出来ます。
プライベートジムや出張パーソナルは問い合わせで色々とお話も聞けます。

自分がどうなりたいか、目的に合わせて自分の性格や環境を考慮して、自分に合ったトレーニング方法やジム、パーソナルトレーニングを選ぶのが一番良いと思います。

まず大事なのは無理せずトレーニングが行える事だと思います。

モデルの演技力とは?