Web集客ができれば稼ぎ方の幅が広がる

Web集客ができれば稼ぎ方の幅が広がる

Web集客は売上をあげるため、広告のためなど目的によって様々な種類や方法があります。

しかし、どんなWeb集客をしたらいいのかわからない方は多いと思います。
なので、今回はWeb集客について詳しくご紹介します!

Web集客ってそもそもなに?

Web集客とは、Webマーケティングとも呼ばれていて、Web上でユーザー(人)を集めることを意味します。そんなWeb集客について詳しくご紹介します!

Web集客をする目的とは?

Web集客をする目的は以下の2パターンあります。

  • 名刺代わりに作る
  • ユーザーを集めて商品販売や特定ページへの誘導につなげたい

名刺代わりに作るケース

B to Bメインの企業で多いケースです。Webはただの飾りって感じの扱いですね。
こういったサイトを作る場合は、格安ホームページ制作会社とかに依頼すればいいと思います!

ユーザーを集めて誘導につなげたいケース

ECサイト(例:楽天・Amazon)や企業のブログが該当します。
商品紹介ページにユーザー(人)を誘導して商品を買ってもらう、もしくは採用ページに誘導して、人材応募してもらうなどです。

Web集客に向いている商品やサービスとは?

基本的にどういったジャンルでも応用が聞くのですが、Web集客で一番効果を発揮するジャンルは、人のお悩み系の商品です。
またWebに向いていない商品もあるのでみていきましょう!

Webに向いていない商品やサービスは?

Webに向いていないのは、クリーニング店・小学生向けの塾などです。
向いていない理由は、いちいちWebで検索しなくてもある程度決まっているからです。
それにこういった情報は基本的に口コミで広がっていきます。

つまり、Webで調べる商品・サービスはWebで売りやすい。
その逆もまた然りってことです。

H2 Web集客に取り組むメリットとデメリットとは?

Web集客のメリットやデメリットはたくさんありますが、特に重要になるポイントについて詳しくご紹介します!

Web集客のメリットとデメリット

Web集客に取り組む前に、まずはメリットとデメリットの整理をする必要があります。
さっそくみていきましょう!

Web集客のメリット

Web集客のメリットと言えば、効果測定がしやすい点と精密なターゲティングが可能である点です。
また、よく言われているWeb集客は、リアルな集客に比べて費用対効果が良いということがあります。
これに関しては、地域によってはコミュニティペーパーのようなものが強いため、そうだとは言い切ることはできません。

Web集客のデメリット

Web集客のデメリットは、実態を感じる事ができないため、適切な運用がないと失敗しやすいですし、管理しないと原因の追求が難しいことになります。
例えば、個人事業主のホームページをみると、成約を目的としたコンテンツの量が不足していたり、アクセス解析やサーチコンソールなどが連携されていないケースが圧倒的に多いです。

Web集客の種類とは?

売上アップの観点から見ると、新規顧客の獲得、顧客単価アップ、リピーターの再利用促進などの役割に分かれます。ここではWeb集客の種類と特徴についてご紹介します!

Web集客の種類!

Web集客の種類はたくさんありますが、特に重要な3つについて詳しくみていくましょう!

Googleマイビジネス(ローカルSEO)

スマホで屋号を検索した時に、一番上位に表示され、口コミも書き込まれる部分であるため、Web上の看板に該当します。
もちろん、無料で登録が可能ですし、オーナー登録をすることで編集も可能です。
Web集客コンサルタントが店舗のBtoCビジネスの相談を受けて最初にみるポイントでもあります。

SEO(検索エンジン最適化)

SEOとは特定のキーワードで上位表示する対策ではなく、検索エンジンを通して、集客数を最適化する対策です。
SEOのメリットは、特定のキーワードを選んで対策ができるため、集客したい人を選んで集客することができる点です。
また、安定した品質のコンテンツを作ることで、広告では、月数十万円相当の広告価値を得ることができます。

アフィリエイト広告

SEOを実施する際、コンテンツを自社で制作し、様々な内部のリンク構造を最適化する内部対策の実施や被リンクやサイテーションの数と品質を保つ外部対策の知識が必要になります。
これらのノウハウが、自社に存在しない場合は、外部の人々にそれを丸投げする選択肢があります。

アフィリエイト広告とは、成果報酬型の広告で、アフィリエイターと呼ばれるブログやメルマガの運営主がコンテンツを制作し、そこから発生した成果に対して報酬を支払う仕組みのことを言います。

まずはやってみる!トライ&エラーを繰り返そう

Web集客は細かなところを見ていれば、まだまだ説明することがたくさんあります。
Web集客は、よくわからない世界だから、とりあえずめぼしいものから実施するという考え方もあります。

データとして十分に指標管理ができているのであればいいと思います!