モテる女性のヘアセットとは

モテる女性のヘアセットとは

モテ度が高いあの人は、どんなことに気をつけているのかとても気になりますね!?
気になるポイントを抑えてモテるヘアセットを手に入れましょう!

女性のモテるヘアスタイル(モテ髪)って?

まずはモテるヘアセットの基本の4のポイント

まずはモテるヘアセットの基本の4のポイント

モテ度が上がるヘアスタイリング①清潔感

男女共に大切なのは清潔感。

きれいにヘアケアされていて、ツヤがありサラサラな髪の毛の方がきれいに見えますよね。

モテる髪型になるためには、髪型をかえるだけでなくヘアケアも見直すことが大切なのです♪
他にも、女性の髪からほんのり香る匂いが嫌いな男性はほとんどいないのではないでしょうか?
男性が求めるのは、やはり女性らしさであると思うのです。

モテ度が上がるヘアスタイリング②ヘアセット

ストレートからアップヘアまでたくさんあるヘアセット。
TPOを考えつつ髪型を変えることで、気を配っている女性だと印象付けられる事でしょう。

いくらツヤのあるきれいな髪の毛でもボサボサではもったいないので、忙しくてもささっとセットできる方法を身に着けてみてみましょう!

モテ度が上がるヘアスタイリング③似合っているか!?

モテる髪型にする前に、自分にどのような髪型が似合うのかを知っておくことが大切!
モテる髪型にしても、似合ってなければもったいない。

あなたが似合う長さによって挑戦してみてください。

モテ度が上がるヘアスタイリング④髪の毛の量

モテる髪型にするには髪の毛の量にも気にしてみてください!
揺れ感やふんわり感が大切になってくるため、軽めに調整するとアレンジしやすいかもしれません!思わず触れたくなるようなモテる髪型は女性の憧れです。

モテ度を上げるヘアスタイリングに欠かせないヘアアイロン

モテ度を上げるヘアスタイリングに欠かせないヘアアイロン

①ブラッシングで髪の毛の絡まりをほぐす

うるツヤストレートを目指すには焦りは禁物。まずストレートアイロンの使用前に、下準備を整えます。

ブラッシングは大切な下準備の1つ。

髪の毛をブラッシングし、毛髪をほぐします。ストレートアイロンをかける時に引っ掛かりを防ぎ、ホコリや汚れといった予期せぬダメージの原因物質を除去することでストレートアイロンを使う土台を作ります。

②洗い流さないトリートメントで熱ダメージから髪を守る

あまりに高温のストレートアイロンを使い続けると毛髪内の水分が蒸発し、ギシギシに。

ストレートアイロンを使う前に、など熱から髪の毛を守ってくれる洗い流さないトリートメントを少量つけることが肝心!

洗い流さないトリートメントには毛髪を保護する成分が入っており、熱から髪を守ってくれます。

③寝ぐせが付いている場合は水・寝ぐせ直し

髪に寝ぐせが付いていると、理想のスタイルから遠くなってしまいます。
水や寝ぐせ直しを使って、しっかりとクセを取っておきましょう。
この一手間で仕上がりに明らかな違いが現れます。

④濡れ髪には絶対ストレートアイロンを使用しない事

ストレートアイロンの温度は大変高温です。
機種によっては200℃にも達することも、この温度で、濡れた髪にストレートアイロンを当てると水分が一気に蒸発し、髪がパサパサになってしまいます。
このダメージは、通常の何倍にもなりとても危険です。

しっかりとタオルドライやドライヤーを行い、髪を乾かすことが重要。

⑤ストレートヘアアイロンを使いやすくするためにブロッキング

髪をいくつかのパーツにブロッキング。

もし、ブロッキング無しで使用すると根元から中間あたりの髪の毛が真っ直ぐ綺麗に伸びない可能性があります。

ブロッキングを行うことで、髪の毛の根元近くから均等にアイロンを入れることができます。

一般的に、後髪は、前髪や横髪よりも量が多い方がほとんど。
なので、後髪は、3段くらいに分けブロッキングしてあげるとやりやすくなりますよ!

⑥ヘアアイロンの温度チェック

髪の健康の為にストレートアイロンはなるべく低温で使うのが鉄則です。くせや髪の硬さによって変わるので、自分の髪の適温をチェックしましょう。

あまりストレートアイロンを使い慣れていない場合、設定温度は180℃以下がおすすめです。

ストレートアイロン初心者で不慣れな時から高めの温度で使用すると髪の毛を傷める原因にもなるので、十分注意が必要です。

適温の温度の見つけ方

  • 1番低い温度に設定する。
  • 使ってみて形が付いているかチェック。
  • 形が付かない場合は温度を上げてもう一度巻く。
  • 綺麗にできた温度が適温。

⑦ストレートアイロンは上から下方向が鉄則

アイロンを挟み始める位置は、なるべく根元付近から。
中間や毛先だけを真っ直ぐ伸ばしても、根元がうねっていたり膨らんでいると、まとまりにくいのです。

動かし方は、根元から毛先に向かって上から下へ滑らせるのが、正しいストレートアイロンの使い方。

この時もう片方の手で、毛束をつかみ少し引っ張りながら当ててあげると、綺麗に仕上がります。なお、挟みっぱなしには注意しましょう。

⑧仕上げはドライヤーで

ストレートアイロンの仕上げにドライヤーを当てることで、形が固定されてセットが長持ちします。この一手間が綺麗なスタイルを保つコツです。

モテ度の上がるヘアセットに努力が必要ですが、ポイントを押さえて効率的に行うことでモテる髪型を手に入れましょう!