モテない人に共通する話し方

モテない人に共通する話し方

実は、モテない人にはいくつかの共通点があることをあなたは、ご存知でしょうか。

もちろん、モテる人にも共通点が存在しますが、今回の記事では、モテない男性の特徴をお話しします。

→「モテる人に共通する話し方についてはこちら

モテない人はまず「嫌われないこと」からスタート

モテない人はまず「嫌われないこと」からスタート

まず、人間はだれしも異性に好かれたい生き物です。
実際にあなたも異性に嫌われるより、好かれたいはずですよね。

好かれたいが為に異性と話すのに、それが原因で嫌われている人は一定数存在してしまいます。

モテる為には、嫌われないこと。

嫌われてしまうとモテることは難しいでしょう。
モテるためには、モテない理由を理解し、モテない言動を避けていく事が最善策です。

異性にモテない話し方の特徴

異性にモテない話し方の特徴

では、実際にモテない人の話し方の共通点をいくつか紹介していきたいと思います。

モテない話し方1:発言がネガティブ

異性とせっかく話をしているのに、後ろ向きな発言ばかりをしてしまう人はモテません。

また、異性から敬遠されがちで、話すチャンスさえ逃してしまうのです。

例えば、

  • 上司・先輩の悪口
  • 自分の嫌いなこと
  • 失敗談など

負の話ばかりしている人のことですね。

この類の人は、基本的に失敗は全て人のせいです。
「でも」や「自分だけ」や「どうせ」が口癖な事が多いです。
そんな人と一緒にいるのは、異性だけでなく同性でも、嫌気がさしてくるものですよね。

人は、ネガティブな人と一緒にいると、一緒にいる人もネガティブになってしまいます。

また、いつもの発言からマイナスイメージがついてしまうと、そのマイナスイメージを挽回するのはとても難しい事になるので、思い当たる節がある場合は改めた方がいいかもしれません。

モテない話し方2:自慢話ばかりを口にする。

もし、あなたが自慢ばかりをする人と一緒にいて気分が上がり、自分のモチベーションが上がるタイプだとしても異性には確実に逆効果です。

「すごーい」や「え、本当?」など
うまく相槌を打ってくれる人はたくさんいますが、多くの場合、自慢話が多いと飽きてしまいます。

そしてこの自慢話ばかりしてしまうのは、モテない話し方をしてしまう人が最もやりがちな行為です。

  • 昔は相当悪い事した。
  • 今日は寝てない。
  • 仕事忙しすぎて時間がない。

などの話を自慢していませんか?

人間は誰しも承認欲求があります。

そのため、気になる女性に認めてもらいたい!
他のライバルより自分はすごいんだぞ!
そう感じて自慢話をする男性は多いです。

ですがほとんどの場合は逆効果です。

そしてそういった男性に限って、女性の話には耳をあまり貸しません。

女性は自分のことを理解して欲しい生き物なのに、モテない男性は女性の言葉を無視して自分語りを
してしまいがち。

そんな身勝手な人が好かれるはずはありませんよね。

モテない話し方3:上から目線の説教をする。

そもそも、相手と会話している際に、相手を見下すような態度をとる人がモテるはずがありません。

同性だとしても敬遠しますよね。

例えば

「まだそんなことしてるなんて、まだまだだね」
「〇〇すんなよ、〇〇しろよ、なにしてんだよ」

など、あげればキリがありません。

モテない話し方をしてしまう人には、自分の自尊心を守るために、相手に説教をしてコミュニケーションを図るひとがいますが、確実に正しいコミュニケーションとは言えないでしょう。

相手と会話をする時に、相手の気持ちを考え、誰が上か下かを考えるのではなく、純粋に会話を楽しむのが基本です。

もし、相手を見下す節があるならば、すぐにでも改善するほうが良いです。

モテない話し方4:下ネタトークが多すぎる。

特に男性に多いのがこのパターンです。
会話の中で下ネタトークがあまりにも多い男性は、女性から下品な男というレッテルを貼られてしまうことが多いです。

女子でも下ネタに抵抗のない人はいますが、それは、仲の良い気の知れた仲ではの場合が多いです。

つまり、初対面やあまり話したことのない相手に、下ネタトークで盛り上がり女性は少ないです。
多数の女性は、下ネタに対して苦笑いをしてその場を流すことが多いです。

そしてその困った笑顔を「楽しんでいる」と勘違いするのが、モテない男性です。

自分がその話で楽しんでいるだけで、相手の女性は困っていることに気が付く事がないまま、その話を続けても結果は見えていますよね。

モテない話し方5:言葉使いが悪い。

言葉遣いが悪くても、モテる人は存在しますが、これはごく少数です。

言葉や話し方を超越するルックスや、何かに特化した物を備えている人だけです。

確かに、気の知れた仲や古くからの友人に対して、言葉遣いが悪い人はたくさんいますよね。

ですが、そうではない場合、初めて会った時や、あまり仲良くない時に、相手に対しての言葉遣いが悪い人に良い印象はつきにくいです。

また、言葉遣いは方言や、その人の育ち方の影響も関係する事が多いですが、自分の言葉遣いの特徴を知る事も大事です。

自分の地元の言葉遣いだからとか、自分はこういう環境で育ったからなどの理由は、相手には関係ないと言う事を頭に入れましょう。

相手からすれば、ただの言葉遣いの悪い人で止まってしまう事が多く、周りからも近づきにくい印象を
向けられる事は間違いありません。

少し意識するだけでも周りからの印象は大きく変わる

いかがだったでしょうか。

今回はモテない人の話し方の特徴をいくつか挙げてみました。

この中に当てはまる事がある場合は、少し自分の普段の話し方を変えてみると、周りからの印象もグッと変わるかもしれませんね。