大阪ミナミエリア(心斎橋・堀江・なんばなど)のモテスポット

大阪ミナミエリア(心斎橋・堀江・なんばなど)のモテスポット

大阪ミナミエリアとは、大阪メトロ御堂筋線と長堀鶴見緑地線の心斎橋駅、大阪メトロ御堂筋線・四ツ橋線・千日前線のなんば駅、南海電車のなんば駅、JRの難波駅、近鉄・阪神電車の大阪難波駅を中心としたエリアです。
心斎橋駅のすぐ近くには、大阪メトロ四ツ橋線の四ツ橋駅、大阪メトロ堺筋線・長堀鶴見緑地線の西大橋駅があり、堀江と呼ばれるエリアになります。
また、そのなんばの近くには、大阪メトロ堺筋線・千日前線の日本橋駅、近鉄日本橋駅などもあり、なんば駅から徒歩圏内になります。
どこからどこまでの明確なくくりはないのかもしれませんが、それらの全体をさしてミナミと呼ぶ場合が多いそうです。

大阪ミナミエリア(心斎橋・堀江・なんばなど)の特徴

大阪ミナミエリア(心斎橋・堀江・なんばなど)はキタエリアと並び、人が非常にたくさん集まるエリアとなります。
ショッピングにも、デートや食事、仕事終わりの飲み会など、平日も週末もとてもにぎわっています。
お店などの数が非常にたくさんあることもあり、お店の入れ替わりも多く、新しいお店がよくできている印象があります。
裏なんばと呼ばれるエリアなども数年前から非常ににぎわっています。
また、一方で、昔ながらの飲食店などが集まるエリアも多く、若者もいれば、何10年同じお店に通う常連の方もよく見かけます。
キタエリアに比べて、全体的に価格帯が安くて美味しい飲食店が多いのが特徴でしょうか。

大阪ミナミエリアのモテスポットとは

大阪ミナミエリア(心斎橋・堀江・なんばなど)のモテスポットとは、どのあたりになるのでしょう。
ショッピングなら、御堂筋線沿いに立ち並ぶ高級ブランドショップから、心斎橋筋商店街にあるショップ、堀江にあるセレクトショップなど選択肢も多いです。
ぶらぶらと歩いて、ショッピングやウィンドウショッピングをしたり、お茶をしたりでも1日過ごせます。
また、飲食店なども非常に多く、高級料理店から、流行りを取り入れ行列になるようなモテスポット、おしゃれなカフェなども多数あります。
ある程度リサーチしてから、デートなどで使うと喜んでもらえるでしょう。

大阪ミナミエリアでモテスポットを利用するメリット

大阪ミナミエリア(心斎橋・堀江・なんばなど)でモテスポットと呼ばれるお店を利用すると、流行りに敏感な方には非常に喜ばれることでしょう。
大阪の象徴とも言われるエリアでもあるため、大阪以外のエリアから来られた方には新鮮さもあります。
また、何度もミナミエリアを利用している方にも、新しいお店ができていたり、数ヶ月前と比べて雰囲気がガラッと変わっていたり、と新しい発見もあります。
特に、10代後半から20代の年代の方の中には、キタよりミナミの方が好き、という方も多いそうです。
キタと比較した場合に、カジュアルな服装の人の割合が高いため、気楽に遊べる雰囲気があるのかもしれません。

大阪ミナミエリア(心斎橋・堀江・なんばなど)のモテスポットを選ぶ際の注意点

念のため、大阪ミナミエリア(心斎橋・堀江・なんばなど)でお店などモテスポットを選ぶ際の注意点が少しあります。
流行りやブームなどの商品などを取り扱う飲食店などは、かなり並んだり人が多いため、予想以上に待ち時間を要する場合があります。
快適な気候の季節はまだ良いですが、真夏や真冬などは前もってリサーチしておいた方が良いでしょう。

また、狭い路地などにお店が密集しているエリアもあるので、荷物をたくさん持っていたりする場合は、通りづらい可能性もあります。
そのときのシュチエーションなどをきちんと気遣いをする必要があるでしょう。

→「大阪のモテスポット一覧はコチラ