できるモデルは私服も違う

モデルのお仕事といえばみなさんはどのようなものをイメージしますか。

お気に入りのアパレルブランドの最新コレクションをイメージモデルをしている姿でしょうか。
有名ブランドのファッションショーで綺麗な衣装を身につけてかっこよくランウェイを歩く姿だったり、
TVやCM、もしくはテレビドラマなどで活躍されているモデルの姿だったり、

モデルの仕事といえばこのようなイメージでとても華やかな世界であると想像することができます。

モデルたるもの常に見られいている意識を持っておかないといけません。

そのみられている意識がモデルとをより高みへモデルを連れていきます。

その証拠にテレビや雑誌、メディアによく出ているモデルやファッションモデルは私服がオシャレであることは言うまでもありません。

またオシャレだけでなく、上品な雰囲気が漂っていることにお気づきでしtでしょうか。

実はできるモデルは私服も仕事が少ないモデルと全然違います。

今回はできるモデルの私服について簡単に説明していきます。

できるモデルになりたい、と言う方や
私服が変わった程度で何も変わらないのでは?と言う疑問をお持ちの方は是非とも最後まで記事をご覧いただけると幸いです。

できるモデルの私服が違う理由

皆さんも街で全く違く雰囲気をまとった人とすれ違ったことありませんか。
個性的という意味の雰囲気ではなく、見た目も私服も上品な雰囲気をまとった方はできるモデルといってもいいでしょう。

具体的に例を挙げると、
ハイブランドで全身を固めているが全く卑しくない。
ザラやユニクロなどを着ていたとしてもファストファッションを着ていてもハイブランドの服を着ているように見える。
といた方です。

やはりモデルとしての経験が私服にもしっかりと反映されている証拠だと感じます。

仮に同じ服をできるモデルと仕事が少ないモデルに着てもらうとよりわかりやすいかとおもいます。

できるモデルは見られる意識ができている

できるモデルの私服がなぜ違うのかと言った理由の一つに確実に見られる意識が関係しています。

一般の方だと、外に出かけるときの服装にかなり気を使っていたとしても、家に帰ってからの部屋着は近所のコンビニに出かけるときに服装は適当なものになりがちです。

ただその感覚とはできるモデルは全く違います。
そのに出かけるときの私服はもちろん、部屋着や少しコンビニに行くときの服装でさえ見られている意識で選んでいるため、クオリティに妥協がありません。

このような意識の差も雰囲気が違うと感じる要素なのでしょう。

できるモデルは私服の見えないところまで気を遣う

できるモデルの私服を見ていると気が付くことがあります。
それは私服の見えるところだけでなく見えないところまで気を遣っています。

例えば一般の方に見えない、肌着や下着についても妥協せずに選んでいます。
また数多くの服のモデルをしているため、服がダメになるタイミングや服の管理に妥協がありません。

なのでなかなか気が付きにくいかとおもいますが、できるモデルの私服に毛玉やより、シワなどありません。
このような点もできるモデルをじっくりと見ているとわかる点です。

できるモデルの私服は細部に遊び心がある

さらにできるモデルは一般の方から見ると、普通のコーディネートに見える内容であったとしても、
どこかに上級者テクニックを使って一般の人との差を見せています。

先に言っておきますができるモデルが無地のコーデでまとめていることはほとんどありません。

できるモデルは無難に見える服装ですが、薄く柄が入っていたり、靴のニュアンスなどでオシャレを楽しんでいます。

できるモデルは一般の人が見ても普通の服装ですが見る人が見ればとてもオシャレな私服になるということです。

できるモデルはどこで私服を買っているの?

そんな内容であればできるモデルがどこで私服を買っているのかがとても気になるかとおもいます。

実際は皆さんが思っていらっしゃるように百貨店やセレクトショップで購入しているようです。
ただ意外なところでも私服を購入していたりもします。

それはユニクロやGU、ZARAなどのファストファッションブランドです。

そのようなできるモデルが購入しなさそうな場所でもモデルは私服を買いに行きます。

できるモデルの私服にファストファッションの服が私服のどこかのに紛れているなんてなかなか想像できないかとおもいます。

実際にできるモデルはそのようにハイブランドの服とファストファッションの服を混ぜてコーディネートしてもオシャレに見えてしまうのです。

できるモデルになるためには私服から?

できるモデルの私服が違うと言った点について解説してきましたがいかがでしたでしょうか。

できるモデルの私服を真似するのができるモデルへの一番の近道ですが、なかなか真似するまでは時間がかかります。

なぜなら積み重ねたスキルや、経験を元に違うという雰囲気を醸し出しているからです。