モデルとして企業に「モテる」コミュニケーション能力とは?

モテるためのコミュ力とは?

モデルに求められるスキルの1つとして、コミュニケーション能力があります。

意外と思われる方もいるかもしれませんが、モデルは単なる自己表現ではなく、企業イメージや商品・サービスの広告塔になる仕事です。

つまり、企業にモテる為のコミュニケーション能力が必要なのです。

モテ力を上げるためのコミュ力の上げ方は?

企業にモテる!モテ力を上げるコミュニケーション能力が必須

モテ力を上げるためにはコミュニケーション力が必要不可欠!

モデルとして活動する上で、様々な人間関係が構築されていきます。
そんな人間関係を円滑にするために必要不可欠なのが、コミュニケーション能力です。
さらに、その上で「気に入られる・また呼びたいと思われる」ためのモテ力が必要です。

しかし、よく話すのが苦手とか、人と会うときや話すときに緊張するなどの悩みも多いと思います。
さらに、コミュニケーション能力がある人とない人では、何が違うのか?

普段の生活の中で少しでもコミュ力を高める意識をもつ事で、その日々の積み重ねがモデルとしてのスキルをアップさせます。

今回は、コミュ力のない人の特徴や性格から、コミュニケーション能力の鍛え方をお伝えします。

コミュニケーション能力がない人の特徴

まずは、コミュ力(コミュニケーション能力)がない人は女性と男性で比べると、男性の方が圧倒的に多いという統計があります。

一概には言えませんが、話しをするのも、聞くのも得意という方が、女性の中には多い印象がありますね。

ただ、モデルの仕事にコミュニケーション能力が必要となると、苦手などとは言ってられません。
まずは、コミュニケーション能力がない人の特徴を知りましょう。

① 話上手でなければならないと思っている

「話すのがうまい=コミュ力が高い」というのは間違っています。
そもそも会話は、話し手と聞き手がいて初めて成り立つものです。
話し上手な人もただ一方的に、自分の思いを語りすぎると自己中な人にしかなりません。
なので、コミュ力の高さは話の上手さに比例するとは限りません。

② 人からの評価を気にし過ぎている

コミュ力がない人は、人からどうみられているか気にする人が多いです。
人の評価を気にすることは良いことですが、気にしすぎると誰も自己開示できなくなってしまいます。
なので、自分に自信を持ちましょう!そうすると、人の評価も気にしなくなるはずです。

③ リアクションが薄い

相手のリアクションが薄いと自分が不安になったりしますよね。
薄いリアクションをすると、話し手のテンションがダウンして、その後の会話が続きにくいです。
なので、自分にとって興味のない話だったり、関係のない話でも、何かしらのリアクションをしましょう。
特に女性の場合は、話を聞いていないとすぐにバレます。

コミュ力がない人の共通点

コミュ力がない人の共通点は、相手よりも自分のことを考えすぎています。
自分に意識が集中しているから、相手の気持ちも考える余裕がなくなってしまいます。
まずは、話をよく聞くこと。そして、薄いリアクションをとらないことです。相手の気持ちを考えましょう!

コミュニケーション能力の鍛え方!5つのコツ!

コミュ力がある人が日常生活で意識していることをを紹介します。

  1. 喋り上手よりも聞き上手を目指す
  2. 共通点を見つけ出す
  3. 相手のテンションに合わせる
  4. 相手をしっかりと褒める
  5. 笑顔を絶やさない

もしあなたが喋るのが苦手なら、聞き上手になることを意識すると良いでしょう。

また人は褒められるのが、非常にうれしいです。
さらに、褒められるほど、褒めてくれた相手に好意を示すものです。
特に、女性は褒められるのが男性よりも嬉しく感じやすいので、覚えておきましょう。

コミュニケーション能力が高い人が意識している3つのポイント

コミュニケーション能力が高い人が意識している3つのポイント

① 見た目を(外見)を整える

ルックスを磨くことは、相手に良い印象を与えます。
なので、清潔感溢れるルックスを目指しましょう!

② 嫌われる事を恐れない

人から嫌われることを恐れる人ほど、実は好かれないです。
理由は、人の顔色を伺いすぎて自己開示できていないからです。
自分の欠点などを、嫌われるかもしれないという理由で、隠すのは止めましょう。
自分の欠点をいうことによって、相手から共感をえられたり、人間味を感じるので、良いことだと理解しましょう。

③ ポジティブな言葉を使う

ポジティブな言葉を使うということは、反対にゆうとネガティブな言葉は使わないとゆう事です!
ネガティブな言葉は、まわりの空気を重くします。
何か問題があっても、ポジティブな言葉を発している人は、明るくて、好感度や信頼度が高いです。
なので、前向きな言葉を意識しましょう!

コミュ力を鍛えて「企業にモテる」自分を作ろう

コミュ力を鍛えることに、デメリットはほぼありません。
それに比べて、メリットは計り知れないほどあります。

自分のことばかりに、気を取られないで相手のことをしっかりみてあげたり、話を聞いたり、褒めたりする事で、コミュ力は鍛えることができます。
コミュニケーション能力を鍛えることで、企業やそれにかかわる人と良い関係が築きやすくなるでしょう。

モデルに必須のスキルとしてコミュニケーション能力を身に付け、「企業にモテる」ことを意識しましょう。