プロテインで腹筋女子を目指そう!  モデルに最適な筋肉増量法とは

モデル体型を目指すには、食事療法から筋力トレーニングまでさまざまな方法があります。

なかでも腹筋女子を目指すのに効果的なのは食事にプロテインを取り入れることです。

そこで今回は、モデル体型を目指すために必要な筋肉増量法をご紹介します。

お腹にスッと綺麗な縦線が入った腹筋女子を目指していきましょう。

モデルが目指すべき腹筋女子とは?

最近女性の憧れの体型となっているのが「ゆる腹筋」。

男性のようにゴリゴリの腹筋を付けるのではなく、きれいな縦線が入った腹筋を目指します。

ただ痩せるだけでなく、筋肉をつけて引き締まった体をつくるので、より魅力的な見栄えになっていくのです。

この腹筋女子を目指すうえで効果的なのがプロテインです。

引き締まった美ボディを目指していきましょう。

腹筋女子を目指すうえではプロテインが効果的

プロテインとは、日本語でたんぱく質を意味します。

たんぱく質、脂質、炭水化物は3大栄養素とも呼ばれ、人体にとって非常に大切な栄養素になります。

そんな人体とって必要な栄養素を効率的に摂取できる商品がプロテインです。

筋トレをしている人にとっては欠かせないアイテムだといえるでしょう。

プロテインが筋肉増量に効果的な理由は、筋トレにより疲労した筋肉を回復させ、栄養を与えるためです。

そして、その疲弊した筋肉はプロテインにより、もともとの筋肉に比べ肥大化します。

これを一般的に「超回復」といい、定期的に筋力トレーニングを繰り返すことで筋肉はどんどん発達していくのです。

筋肉増量に必要なたんぱく質量とは?

筋トレを定期的にしている人は、筋トレをしていない人に比べて多くのたんぱく質が必要です。

また、たんぱく質の必要量は運動強度によっても異なります。

2010オールガイド五訂増補食品成分表、実況出版 によるガイドラインでは、筋トレをしている女性はおよそ85gのたんぱく質が必要だともいわれています。

牛乳であれば約3600ml、サーロインステーキであれば1000gが必要です。

1日にこれほどの量が必要だと摂取するのも大変ですよね。

そんなときに活躍するのがプロテインです。

最近ではだれもが飲みやすいように、さまざまなフレーバーが用意されています。

手軽にたんぱく質を摂取したいのであれば、プロテインは欠かせません。

知っておくべきプロテインの基礎知識

プロテインを有効活用していくためには、適切なタイミングや種類を覚えておきましょう。

以下では、知っておくべきプロテインの基礎知識をご紹介します。

適切なタイミング

プロテインを摂取するのに適切なタイミングは、体への吸収率が高まるトレーニングの30分以内です。

腹筋女子を目指すためには、適切なタイミングでプロテインを取り入れていきましょう。

また、プロテインは健康維持にも効果的です。

プロテインはたんぱく質だけでなく、栄養素を効率的に吸収するためのビタミンなども豊富に含まれています。

食事の前後や就寝前にも効果的です。

プロテインは3種類ある

プロテインはおもに、ホエイ、カゼイン、ソイに分けられます。

ホエイの特徴は、体への吸収が早いことです。

牛乳やヨーグルトの上澄みにも含まれています。

カゼインはホエイと同様に、牛乳に含まれるたんぱく質ですが、体に吸収される速度は遅めです。

日常生活で不足しがちなたんぱく質の補給に効果的です。

ソイはダイエットや健康増進に役立ちます。

吸収速度は遅めですが、糖質や脂質がすくなく、たんぱく質を効果的に摂取できます。

プロテインは太る可能性もある

プロテインは飲みすぎるとエネルギー過剰になり、反対に太ってしまうこともあります。

あくまでプロテインはたんぱく質を効率的に摂取するものであり、筋肉増強剤ではありません。

適切な運動をしたあとに、適切なタイミングと量を摂取することで、プロテインとしての効果を発揮します。

過度なプロテインの摂取はせずに、商品説明文に記載されている分量を守って、プロテインを摂取しましょう。

筋肉増量に必要な食事

筋肉増量に必要な栄養素はプロテインだけでは補えません。

咀嚼やその他の栄養素を摂取することで、筋肉増量に効果を発揮します。

おすすめは、肉や魚などの動物性たんぱく質と大豆でできた植物性のたんぱく質を組み合わせることです。

それぞれのたんぱく質がうまく組み合わさることで、良質な筋肉が形成できます。

また、たんぱく質のほかに少量の糖質を摂取することもおすすめです。

糖質はたんぱく質の吸収を助ける働きがあり、筋肉の合成にも役立ちます。

極端な糖質制限は逆効果になることもあるので注意しましょう。

「プロテインで腹筋女子を目指そう!」まとめ

今回は、モデルに最適な筋肉増量法をご紹介しました。

筋肉はトレーニングのみならず、適切な食事をとらなければ体につきにくいため、日々の自己管理が必要です。

本記事で紹介したプロテインの効率的な摂取方法を実践して、腹筋女子を目指してみてください。