必要な資格や年齢制限

モデルという華やかな職業。

キラキラした世界で一番かわいい、かっこいい自分をカメラの前で表現する。
国内、海外ブランドの最新コレクションを纏ってランウェイをかっこよく歩く。

モデルという職業に憧れている方はかなり多いはずです。

その一方で
モデルにになるためには必要な資格などあるのか?
モデルになるのって年齢制限があるの?
モデルになるために必要なものがよくわからない、、、
といった方も多いのではないでしょうか。

そこで今回はモデルになるために必要な資格や気になる年齢制限について解説していきます。

これからモデルになるために努力しようと考えている方、モデルになりたいという夢が諦めきれないと言った方が是非とも参考にしてみてください。

モデルに資格は不要!

さてモデルになるためにまずは資格が必要かと言った疑問についてなのですが、
結論から先に言ってしまうとモデルをするにあたって何か特別な資格は必要ありません。

ですので、
モデルになるにあたって、事務所に所属するにあたっては
必ずしもモデルスクールに通って指導を受ける必要もありませんし、
ウォーキングやポージングの技術が初めから必須ということもありません。

なのでモデルという職業は特別な資格がなくてもすぐに始めることができる職業になります。
言ってしまえば、自分で「モデル」と名乗ってもモデルの仕事は受けることができます。

売れるモデルと売れないモデルの違いはこちら

必要な資格がないのになぜモデルスクールが存在するのか?

しかしなぜモデルに必要な資格がないのに、モデルのスクールがあるの?と疑問に思う方もいらっしゃるかと思います。

モデルという職業を名乗るにあたっては医師免許や教員免許のように特に資格が必要ではありません。
しかし、モデルとして仕事を行う上で、ポージングやウォーキングのスキルは必須になります。

そのためモデルスクールは、モデルになったときに少しでも早く仕事にありつきたい、他のモデルと差をつけたいという方のための場所。
仕事でいう研修場、プロからレッスンを受けられる自分を高めることができる場所になります。

またモデルスクールを卒業した、通っているということは
モデル事務所・エージェンシーに所属するオーディションや面接の際でも、意欲や技術、自信を示す大きな材料になることは間違い無いでしょう。

モデルスクールを卒業することである程度モデルとして動くことはできるかと思います。
ですのでモデルになったときのためにスタートダッシュを切る、仕事のオーディションで自分を精一杯表現する準備になります。

資格は不要だが努力は必要

モデルを始めるにあたって資格が不要ということはお分かりいただけたかと思います。
しかし同時にモデルはスキルも必要であるということもご理解いただけたのではないでしょうか?

ですのでモデルになるための準備(ポージングやウォーキングのスキルなど)がなくてもモデルとしての素質や魅力があればモデルとして事務所やエージェンシーに所属することはできます。
しかしその後、ポージングやウォーキングのスキルは自分で身につけることになります。

事務所によってはレッスンという形で教えてくれるところがほとんどかと思いますが、レッスンだけに頼っていてはなかなか仕事をすることは難しい世界です。

そのため日々ポージングやウォーキング、自分の魅せ方の研究、表情の研究は行なっておくべきです。

モデルになることよりも、モデルになった後すぐに動ける準備をしておくことはかなり重要ですし、事務所やエージェンシーのマネージャーもスキルが高いモデルの方が売り出しやすいです。

日々の努力は怠らないようにしましょう。

モデルに年齢制限はない

つづいてモデルに年齢制限はあるのかという疑問についてですが、
こちらも結論から言うと、モデルに年齢制限はありません。

ほとんどの方が「本当に?」と思うかもしれませんが、本当のことです。

皆さんもCMやテレビ番組を見ていて、シニアのモデル、ミセスのモデルが活躍していることを見たことはあるのではないでしょうか。

あの方たちもご立派なモデルです。ですのでモデルをするにあたっては年齢制限はありません。

モデルになるための年齢制限は?

じゃあモデルになるための年齢制限はあるのではないか?と言う疑問が出てくるかと思います。
こちらについては年齢制限がある場合がほとんどですが、年齢制限を設けていない事務所やエージェンシーも存在します。

基本的にみなさんがイメージする年齢制限はモデル事務所・エージェンシーの所属オーディションのことかと思います。
こちらは全てとは言いませんが大手の事務所・エージェンシーのおおよそが13歳から24,5,6歳までの年齢制限があるといったところが多いです。

モデルとしてスキルを磨かないといけない、経験を積む必要があると言うことを踏まえ20代前半、後半に差し掛かるぐらいでラインを設けていると言った理由でしょうか。

当然、年齢制限を設けていない事務所では年齢を気にすることなく受けることができます。
ただ、高齢であればあるほど華やかなショーを歩くモデルやアパレルのモデルの仕事としては量が少なく、イメージやスチールの仕事になることは理解しておきましょう。

モデルに資格や年齢制限はない

モデルをするにあたって資格や年齢制限がないことはご理解いただけたのではないしょうか。

ですが全く気にしなくていいと言うことではありません。
モデルの案件でも、特定の役柄のあった資格を取得している方が通りやすい仕事も存在します。

なので自分の個性を出す一環として、興味のある資格を取得しておいても損はないかと思います。

年齢の面では、モデルを始めるにあたっては少しでも早い方が好ましいです。

もしモデルを始めたいけど迷っていると言う方は時間を無駄にしないためにも、とりあえずモデル事務所・エージェンシーに応募書類を送ってみましょう。
まずは行動してみないことには何も始まりません。まずは自分の入りたい事務所・エージェンシーを調べてみてはいかがでしょうか?