展示会モデルとは?

展示会モデルについて

一般的に「モデル」と聞くと、背が高くて、スタイルが良くて、雑誌に出ていて多くの若者の憧れの的になっている、ファッション誌やファッションショーの華やかな世界で活躍している人たちのことを「モデル」と認識している人が多いと思います。

ですが、モデル業界は、そのような華やかな世界の「モデル」だけでなくさまざまな「モデル」の種類が存在します。

その中の一つである、展示会モデルについて説明していきます。

展示会と展示会モデルについて

展示会とは、簡単に言えば、ファッションブランドやブライダルのドレスなどの新作アイテムを「いろいろな人」に発表する(展示してみてもらう)場のことです。

展示会の規模は大小さまざまです。

大規模なものであれば、たくさんのファッションブランドが集まって、幕張メッセなどの広い会場を貸し切って行なわれます。

小規模なものであれば、ファッションブランド1社が小さなレンタルスペースなどで行なう場合もあります。

展示会を開催する主催者は、ファッションブランド側です。

それに対して、ファッションブランド側から展示会に招かれる「いろいろな人たち」がいます。

ファッションブランド側がこの「いろいろな人たち」に対して新作をアピールしている場が展示会、ということになります。

展示会モデル

展示会モデルはそのような場でブランド側のモデルとして参加することになります。

例えばブライダルのドレスやタキシードの展示会でしたら、そのドレスやタキシードを着て、歩き展示会に招かれた方々にお披露目をします。

展示会に呼ばれる人

展示会に招かれている「いろいろな人たち」は、大きく3つに分けることができます。

「新作を宣伝してくれる人たち」、「百貨店などのバイヤーさん」、「ブティックなどの店長さん」です。
それぞれ詳しく説明していきます。

①新作を宣伝してくれる人たち

雑誌編集者、ファッションライター、新聞社の人、タレントさん、モデルさんなどが、これに該当します。

よくファッション誌などに、ブランドの新作が特集されていることがあります。

これは、ファッション誌側にとってみれば読者への読み物ということですが、ブランド側にとってみれば重要な宣伝活動です。

展示会の主催者は、自社のブランドを雑誌で宣伝してもらうために、雑誌編集者を招くのです。

ファッションライターや新聞社の人を招く理由も同じです。

また、タレントさんやモデルさんは、展示会の様子を自分のブログやSNSなどで紹介してくれます。

ブログの読者やSNSを拝見している人が多ければ多いほどブランドの宣伝になるという理由で、タレントさんやモデルさんが招かれます。

下手な媒体に宣伝をするよりも、タレントさんを展示会に招いたほうが大きな宣伝になるのです。

②百貨店などのバイヤーさん

バイヤーさんとは、自分が勤務している百貨店にどんな商品を入れれば儲かるか、を考えている人たち。

あちこちに行っていろんな商品を物色して「これは儲かる」と判断したら、価格の交渉や購入数量などの交渉も行います。

展示会の場では、自分の百貨店に導入すべき新たなブランドがないかどうかを、じっくりとチェックして回っています。

また、すでに取引のあるブランドについては、展示されている新作を入荷するかどうかを吟味・検討しています。

③ブティックなどの店長さん

日本全国のセレクトショップやブティックの店長さんが、そのブランドの洋服を仕入れる目的で展示会に参加しています。

大きなお店の店長さんばかりでなく、街の小さなお店の店長さんも招かれることがあります。

また、ネット通販サイトに店舗を持つ店長さんも招かれることがあります。

またバイヤーさんとは違って、その人達はその場で商談を進めていることが多いです。

展示会モデルはプロモデル

展示会モデルのほとんどが事務所などに所属しているプロモデルです。

では、プロモデルとそうではないモデル(素人モデル)の違いは何なのかを説明していきます。

プロモデルと素人モデルの違い

モデルの仕事を大きく区別した場合の「プロモデル」と「素人モデル」の違いについて理解していきましょう。

「プロモデル」は、モデルを専業として生計を立てている人です。

一般的に「プロモデル」は、事務所に所属し、ブランドや雑誌と契約して仕事を請け負います。

「素人モデル」または「読者モデル」は、学生や社会人でありながら、隙間時間でモデル活動をする人になります。

ですので、「素人モデル」は「プロモデル」より求められるものは低く「高身長である」「スタイルが良い」「ビジュアルが良い」といった必要はそこまでなく、より一般人に近い存在であることが必要となってきます。

また、「プロモデル」と「素人モデル」の違いとして、「素人モデル」が仕事の現場に行く際は、交通費の自己負担が求められ、「プロモデル」より仕事の報酬が低く、報酬がなくボランティア撮影の場合もあります。