サロンモデルとは?

サロンモデルについて

一般的に「モデル」と聞くと、背が高くて、スタイルが良くて、雑誌に出ていて多くの若者の憧れの的になっている、ファッション誌やファッションショーの華やかな世界で活躍している人たちのことを「モデル」と認識している人が多いと思います。

ですが、モデル業界は、そのような華やかな世界の「モデル」だけでなくさまざまな「モデル」の種類が存在します。

その中の一つである、サロンモデルについて説明していきます。

プロモデルとの違い

まずは、モデルの仕事を大きく区別した場合の「プロモデル」と「素人モデル」の違いについて理解していきましょう。

「プロモデル」は、モデルを専業として生計を立てている人です。

一般的に「プロモデル」は、事務所に所属し、ブランドや雑誌と契約して仕事を請け負います。

「素人モデル」または「読者モデル」は、学生や社会人でありながら、隙間時間でモデル活動をする人になります。

ですので、「素人モデル」は「プロモデル」より求められるものは低く「高身長である」「スタイルが良い」「ビジュアルが良い」といった必要はそこまでなく、より一般人に近い存在であることが必要となってきます。

また、「プロモデル」と「素人モデル」の違いとして、「素人モデル」が仕事の現場に行く際は、交通費の自己負担が求められ、「プロモデル」より仕事の報酬が低く、報酬がなくボランティア撮影の場合もあります。

サロンモデルについて

サロンモデルは、サロンモデルを使ってシューティングした作品は、サロンのホームページなどに掲載されます。
そうして打ち出したイメージこそがブランディングであり、プロモデルよりサロンユーザーに近いモデルが体現することで、サロンユーザーの「私もこうなりたい」という思いを刺激することができます。

また最近では、SNSで作品を発表し、自身のブランディングを行なっているスタイリストも多いです。

また、いかに女性に憧れられる顔や雰囲気を持ったサロンモデルを起用できるかが重要で、サロンモデル獲得の競争は激化しています。

では、サロンモデルは、『プロモデル』『素人モデル(読者モデル)』とどのように違うのか?

サロンモデルと読者モデル

よく勘違いされるのが、サロンモデルと読者モデルの違いです。

サロンモデルとは、ヘアサロンがヘアスタイルを打ち出すための作品撮りを行なう際にお願いするモデルのことです。

読者モデルは、ファッション誌の編集部が、読者の代表として撮影依頼をお願いするモデルのことです。

サロンモデルになる3つの方法

サロンモデルを一度はやってみたいという憧れを抱いたことがあるかもしれません。

そこで、サロンモデルに慣れる方法を3つ説明していきます。

①SNSで自身の写真をupする

近年SNSでの流行の勢いはすごいので、これが1番近道かと思います。

最近の美容師さんは、SNSを利用してモデルさんを探しています。

SNSにあげる写真は、無加工と自撮りではなく他撮りが重要になってきます。

何よりも無加工の写真は必須です。

プリクラやカメラアプリの写真だと本当の顔がわかりにくく、サロンのイメージと合うか判断できない理由があり、サロンモデルは基本ノーマルカメラで撮影されます。

なのでできる限り顔のパーツを修正するのは控えましょう。

②スカウトされそうな場所にいく

よく聞くのは美容師さんが街を歩く人たちの中からサロンモデルを探すことだと思います。

お住まいの地域によってスカウトされそうな場所は、異なりますが基本的に都会であればあるほど、スカウトする人も多いです。

また、美容室がたくさんある街を歩いてみるのもいいでしょう。

③清楚なメイクやファッションを心がける

サロンモデルをやっている人達は、基本的に「ナチュラルメイクの人」「清楚な服装の人」「 顔立ちがはっきりしている人」になります。

ですが、サロンのイメージにもよりますが、近年の流行り的にもメイクが濃い人はサロンモデルには選ばれにくいです。

サロンモデルに選ばれた場合

サロンモデルに選ばれた場合のメイクや衣装は、基本的にサロン側から指示があります。

メイクは基本サロン側でしてくれることが多いですが、衣装に関しては、自分で衣装の準備をしないといけません。

もし衣装の提供がある場合は、見えても大丈夫なインナーを着ていってください。

私服はサロンのイメージに合わせたほうが良いので、あらかじめ要望を聞いておいて、何パターンか服を持っていきましょう。

特別な要望がない限り、派手な色や首元がつまっている服装は避けてください。

メイクについて

スッピンからメイクしてくれるサロンと、自分でメイクをしていくサロンがあります。

基本的にはメイクをしてくれるサロンが多いですが、自分でメイクをする場合は、ナチュラルメイクで行きましょう。

もしメイクが薄くてもサロンで簡単に手直しが出来ますし、してもらえます。

濃いメイクですと、サロンのイメージと違った場合、やり直しにも時間がかかってしまいます。

メイク道具は必ず持参するようにしてください。

サロンモデルから活動の幅が広がることもある

もともとはサロンモデルとして活動してたモデルがいきなり有名になって、テレビや他の現場でも活躍するようなモデルになるということもあります。
サロンモデルがきっかけで、今後の仕事にも繋がる可能性があるということです。

数回の撮影でチャンスを掴めるかどうかは、日ごろの努力にかかっています。

売れるモデルと売れないモデルの違いについてはこちら