広告モデルとは?

広告モデルについて

モデルにはさまざまな種類のモデルが存在します。

より一般的に知られているのは「ファッションモデル」です。

ですが、「ファッションモデル」だけでなく「広告モデル」「絵画モデル」「パーツモデル」「読者モデル」などがモデル業界には存在しています。

モデルの種類について詳しくはこちら

プロモデルと素人モデルの違い

まずは、モデルの仕事を大きく区別した場合の「プロモデル」と「素人モデル」の違いについて理解していきましょう。

「プロモデル」は、モデルを専業として生計を立てている人です。

一般的に「プロモデル」は、事務所に所属し、ブランドや雑誌と契約して仕事を請け負います。

「素人モデル」または「読者モデル」は、学生や社会人でありながら、隙間時間でモデル活動をする人になります。

ですので、「素人モデル」は「プロモデル」より求められるものは低く「高身長である」「スタイルが良い」「ビジュアルが良い」といった必要はそこまでなく、より一般人に近い存在であることが必要となってきます。

また、「プロモデル」と「素人モデル」の違いとして、「素人モデル」が仕事の現場に行く際は、交通費の自己負担が求められ、「プロモデル」より仕事の報酬が低く、報酬がなくボランティア撮影の場合もあります。

売れるモデルと売れないモデルの違いについてはこちら

広告モデル(コマーシャルモデル)について

広告モデル(コマーシャルモデル)は、テレビのCMや広告、カタログといった商業的な媒体に登場し、企業のブランドイメージを高め商品を宣伝するために仕事をします。

また、広告モデル(コマーシャルモデル)の場合、適正年齢はなくコマーシャルの目的や内容によって、何歳からでも活躍することができます。

広告モデル(コーマシャルモデル)は、「実際に購入を考えている」「CMや広告もみて購入したくなった」などお客様の購買意欲をそそることが大切なので、一般の人が親しみやすく、憧れを抱きやすいルックスのモデルが起用される場合が多いのが特徴です。

それらをモデル業界では、広告を中心に活躍するモデルを「広告モデル」と分けられています。

また雑誌などを中心に活躍されているモデルを「雑誌モデル」と呼んでいます。

広告モデル(コマーシャルモデル)に求めらること!

広告モデル(コマーシャルモデル)について理解をしたら、次に必要な知識は、広告モデル(コマーシャルモデル)に求められていることを知ることです。

広告モデル(コマーシャルモデル)に求められることは5つ存在します。

①身長

特に制限はありませんが、女性で言えば165~172cm、男性で言えば175~182cmが目安になります。

ただ、モデルの職業は他のモデルとの共演が多いので、上記の前後であれば仕事の幅は広がります。

例えば、お姉さん役(お兄さん役)をするのであれば、妹役(弟役)よりも少し高い身長がイメージしやすいでしょうし、ウェディングの撮影等は、本人の身長よりも隣に立つ相手とのバランスが重要になります。

ですので身長が高ければ良いというわけでもないのです。

②体型

広告モデル(コマーシャルモデル)に求められる多くは男女問わず“親近感”であったり“愛嬌”であったりします。

広告を届ける消費者(お客様)に、心地良いイメージを持ってもらうことが重要になりますので、ダイエットで痩せすぎたような違和感のある体型は好まれないでしょう。

もちろん商材や案件によりけりですが、女性を例にとれば、健康的でフェミニンな女性らしい体型が望ましく好まれる傾向があります。

③顔立ち

広告モデル(コマーシャルモデル)は子供から大人まで幅広い年代に好まれることが求められるので“好感度の高い顔立ち”が重要です。

例えば見ていて幸せを連想できるような笑顔なのかと言うことになります。

広告モデル(コマーシャルモデル)とファッションモデルと大きく違うポイントがこの『笑顔』の特徴になります。

いかに自然にきれいな笑顔をつくることができるかが必須になります。

また左右対称であること、歯並び等も重要視されます。

④キャラクター

好感度や愛嬌が高いレベルにあること、子供から大人まで全ての年齢層に好まれるキャラクター性が求められます。

自然とその商品に求める雰囲気が伝われば、広告をする商品や商材、サービスの価値も上がる事につながります。

⑤スキル

上記で説明したことはもちろんですが、何よりも大切なのはスキルになります。

ファッションモデルにはウォーキングやポージングの身体全体を使った表現力が求められますが、広告モデル(コマーシャルモデル)にはそれ以外に、“演技力”も求められます。

CMを想像するとわかりやすいかもしれませんが特に動画に関しては役柄設定が必ずあり、見ている側に自然とその役柄が伝わることが重要となります。

映像のお仕事で消費者(お客様)がみた際に、演技にぎこちなさを感じれば、PRする商品や商材を購入したいという購買意欲を掻き立てることはできません。

ですので、結局はスキルがとても重要になってきます。