イメージモデルとは?

イメージモデルについて

一般的に「モデル」と聞くと、背が高くて、スタイルが良くて、雑誌に出ていて多くの若者の憧れの的になっている、ファッション誌やファッションショーの華やかな世界で活躍している人たちのことを「モデル」と認識している人が多いと思います。

ですが、モデル業界は、そのような華やかな世界の「モデル」だけでなくさまざまな「モデル」の種類が存在します。

その中の一つである、イメージモデルについて説明していきます。

イメージモデルと専属モデルの違い

イメージモデルはその商品の宣伝やアピールのために起用したモデル になります。

専属モデルは、その媒体と直接契約を結びモデルとして活動します。

専属モデルになると、ある一定の決まりがあり、他の宣伝媒体や広告に出る時も雑誌の名前を背負って出たりします。

イメージモデルになるために必要なこと

イメージモデルになるために必要なことは、3つあります。

①自分を磨く努力をする

人に与える印象がモデルとしての成功を左右します。

そのため、センスや感性を磨いて自分自身の魅力を最大限に引き立てる方法やスタイル維持を日頃から意識することが大切です。

仕事や育児、学業などの忙しい毎日の中でも、自分を磨く努力を怠らない精神を持ち、日々努力を怠らないことが重要になってきます。

②笑顔の練習

オーディションで審査員に好印象を持ってもらうために重要なのが笑顔です。

イメージモデルは、企業のイメージアップのための人材ですので、人を惹きつけるような素敵な笑顔のモデルさんを選考する傾向にあります。

もちろん企業のイメージアップのためのモデルとしての条件が備わってた場合によりますが、初めから笑顔が出来てないとイメージモデルとして起用使用とは企業側は思いません。

笑顔が苦手な人、笑顔が自然に出来ない人は、鏡を見ながら印象の良いナチュラルな笑顔が作れるように練習しておくことが大切です。

③協調性に優れている

フリーモデルでも、モデルの仕事を成功へと繋げるためには起用してくれた企業様はもちろん、カメラマン、メイクさん、スタイリストさんなどの多くの人と協力して作品を作り上げていく必要があります。

そのため、協調性に優れていてどんな場面でも上手く対応できる応用力が大切になってきます。

これは、モデル事務所に所属しているモデルさんでもすごく大切なことになります。

作品を完成するには、モデルだけの力では良い作品に完成はしません。

プロモデルと素人モデルの違い

イメージモデルとして働きたい場合でも、モデルの仕事を大きく区別した場合の「プロモデル」と「素人モデル」の違いについて理解していきましょう。

「プロモデル」は、モデルを専業として生計を立てている人です。

一般的に「プロモデル」は、事務所に所属し、ブランドや雑誌と契約して仕事を請け負います。

「素人モデル」または「読者モデル」は、学生や社会人でありながら、隙間時間でモデル活動をする人になります。

ですので、「素人モデル」は「プロモデル」より求められるものは低く「高身長である」「スタイルが良い」「ビジュアルが良い」といった必要はそこまでなく、より一般人に近い存在であることが必要となってきます。

また、「プロモデル」と「素人モデル」の違いとして、「素人モデル」が仕事の現場に行く際は、交通費の自己負担が求められ、「プロモデル」より仕事の報酬が低く、報酬がなくボランティア撮影の場合もあります。

イメージモデルは厳しい世界

モデルの仕事は、そのほとんどが、自らを積極的に売り込んで評価されることで初めて任されるようになるものです。

オーディションを受けたり、プロデューサーやデザイナーのもとへ挨拶周りをしたり、パーティーなどで人脈を広げたりして、常にアンテナを張りながら積極的に動かなければ、いつまでたっても仕事にありつくことはできません。

モデル事務所に所属しても、ときには数ヶ月の間、全く仕事がこないということもあります。

周りのモデル仲間がどんどん撮影やイメージモデルとして出かけているのをみると精神的に追い詰められることもあるでしょう。

それでも、自分を信じて売り込み続けなければ、モデルとしての道はそこで閉ざされてしまいます。

厳しい実力主義の世界だけに、モデルは精神的に強くあることが求められるのです。

待っていてもモデルの仕事は来ない

一般的な企業に就職してサラリーマン、OLとして働く場合、なにもしなくても仕事ややることは次から次へとやってきますが、ただ待っているだけではチャンスを掴めないのが、モデルの大変なところです。

モデルはいつも自分磨きをしながら情報収集をし、挑戦してみたい仕事には全力でぶつかっていかなければ、仕事を得ることができません。
オーディションを受けたからと言って、合格しなければ仕事はありません。

見た目がそのまま仕事にも影響するので、健康管理や美容に気を遣う日常になります。
ストイックに生活しなくてはならない一面もあるため、辛抱強く努力し続けることができる人でなければ、イメージモデルとして成功を収めるのは難しいでしょう。
売れているモデルを参考に真似することから始めてみましょう。

売れるモデルと売れないモデルの違いは?