ブランドモデルとは?

ブランドモデルについて

ブランドモデルは、ブランドやファッションアイテムの顔になります。

自らが広告塔として、ブランド・ファッションアイテムをアピールし、多くの人に知ってもらい購入してもらうことが目的になります。

雑誌やカタログなどでファッションアイテムを身に付け、魅力をアピールし、多くの人に宣伝します。

また、ファッションショーやイベントでファッションアイテムを身に付けランウェイを歩き、お客さまに直接アピールもします。

プロと素人のモデルの違い

まずは、モデルの仕事を大きく区別した場合の「プロモデル」と「素人モデル」の違いについて理解していきましょう。

「プロモデル」は、モデルを専業として生計を立てている人です。

一般的に「プロモデル」は、事務所に所属し、ブランドや雑誌と契約して仕事を請け負います。

「素人モデル」または「読者モデル」は、学生や社会人でありながら、隙間時間でモデル活動をする人になります。

ですので、「素人モデル」は「プロモデル」より求められるものは低く「高身長である」「スタイルが良い」「ビジュアルが良い」といった必要はそこまでなく、より一般人に近い存在であることが必要となってきます。

また、「プロモデル」と「素人モデル」の違いとして、「素人モデル」が仕事の現場に行く際は、交通費の自己負担が求められ、「プロモデル」より仕事の報酬が低く、報酬がなくボランティア撮影の場合もあります。

ブランドモデルはプロモデル

ブランドモデルになるには、モデル事務所に所属するのが一般的です。

自らオーディションを受け事務所に所属するほか、事務所の人から声を掛けられ、スカウトされて入所する場合もあります。

しかし、厳しいオーディションやレッスンがあり、モデル事務所に所属したからと言って必ずしも誰もがブランドモデルとして活躍できるわけではありません。

ブランドモデルになるには事務所に所属するべき

ブランドモデルになるための一番の近道は、ますはモデル事務所に所属することです。

モデル事務所に自ら履歴書や写真を送り応募し、素質があると認められれば所属することができます。

モデル事務所によっては、所属ブランドモデルを募集するためのオーディションを行っているところもあるので、それを受ける方法もあります。

そのほか、ファッション雑誌や芸能事務所で行われる専属ブランドモデルオーディションや、新人発掘オーディションに応募するのも一つの方法です。

さらに、スカウトという方法もありますが、現実的にはなかなか厳しいのが現状です。

ブランドモデルのメリットとデメリット

ブランドモデルになると楽しいことや嬉しいことがある反面、しんどいことや投げ出したいこともあります。

ブランドモデルのやりがい・楽しさ・魅力

ブランドモデルの仕事は、ファッションアイテムの魅力をアピールし、たくさんのお客様に買ってもらうことです。

自分が着用したファッションアイテムが大ヒットすれば、周囲も喜び、さらにブランドモデルとしての人気も上昇します。

自らがファッションリーダーとして、流行の最先端を紹介することができる喜びは、何物にも代えがたいものです。

また、テレビや雑誌、ファッションショーなど、誰もが憧れる華やかな舞台で、美しいファッションアイテムを身に付けられることもやりがいにつながります。

ブランドモデルの大変さ・辛さ

ブランドモデルに必要な素質は、さまざまな服を着こなせるプロポーションです。

特に世界で活躍したいと思う人には、欧米人にも劣らない高身長や、美しい顔立ちが必要となります。

しかし、プロポーションや顔立ちは努力ではどうにもならない問題でもあります。

近年では「ぽっちゃりファッションモデル」「低身長ファッションモデル」と呼ばれる個性を生かしたファッションモデルも登場しつつあります。

どちらの場合も、誰からも愛される愛嬌や美しさに加え、強い個性と意思が必要となります。

また、それ以外にも体型の維持・向上のための食事管理や制限があり、好きな食べ物や飲み物を食べたい時、飲みたい時に飲食することができません。

もちろん美しい顔立ちやプロモーションを維持するために早寝早起きは欠かせませんので、友人との予定や会食は出来なくなる可能性もあります。

少しでも体重が増えたり、スタイルが変わったりしてしまうと、「イメージが違う」とブランドモデルの仕事ができなくなってしまう場合もあります。

さらに、常に長時間人から見られる仕事のため、体力や精神力が必要な仕事でもあります。

ブランドモデルの金銭事情

ブランドモデルの仕事は、サラリーマンやOLのような月給制ではなく、ほとんどが仕事をした分だけ給料がもらえる出来高制です。

仕事は一本数千円から、ものによっては数百万円までと大きな差があります。

人気や実力があればそれだけ大きな仕事を受けることができ、高収入を得ることができます。

芸能事務所だと給料制のところは存在しますがモデル事務所は 所属するだけでは給料がもらえることはほとんどありません。

副業でアルバイトをしたり節約したりしながら、ブランドモデルを続ける人もいます。

ブランドモデルとして生計を立てられるようになる人は一握りで、厳しい世界と言えます。