モデルの撮影依頼にかかる料金相場はいくら?

モデル 撮影 依頼 料金相場
  • 「初めての依頼でどれくらいのギャラを渡せば良いか分からない」
  • 「できれば撮影にかかる費用を抑えたい」
  • 「サイトによって値段が違うけど、どれくらいが基準なの?」

などと、初めて被写体の依頼するときに悩むのがモデルへの報酬ですよね。

とはいえ、あまり安いギャラに設定してしまうと、相手に迷惑が掛かってしまうこともあるでしょう。

そこで今回は、モデルに撮影を依頼する際の費用についてご紹介します。

本記事の要約
  • ギャラはモデルの知名度とスキルによる
  • 事務所に依頼する場合は1時間1万円程度を見積もる
  • Instagramからフリーモデルに依頼するとコストを下げられる

モデル業界のギャラに関する基準を知っておくことで、適切な料金を提示でき、お互いに気持ち良くお仕事ができるようになりますよ!

モデル依頼の料金(ギャラ)は大きく3つの要素で決まる

モデル依頼の料金(ギャラ)は大きく3つの要素で決まる

モデルの撮影依頼にかかる費用はおもに3つの要素によって決まります。

モデルの費用は条件による
  • モデルの所属場所
  • 人気や知名度
  • モデルの見た目

以下では、それぞれを詳しく解説します。

どこに所属しているか

どこに所属しているか

モデルはおもに「芸能・モデル事務所」または「フリーランス」として活動していることがほとんどです。

事務所に所属しているモデルに撮影を依頼する場合は、事務所を通じて依頼をすることになります。

モデルが事務所に所属しているため、その分の手数料(中間マージン)を支払う必要があり、費用がかさむことがあります。

反対にフリーランスのモデルは、直接仕事を依頼できるため、中間マージンを支払う必要がありません。

事務所に所属しているモデルに比べて費用は安くなることが多い傾向です。

人気・知名度

人気・知名度

企業の広告塔としてモデルを起用する場合は、モデルの知名度により商品やブランドのイメージアップが大幅に異なります。

ファンを多く抱えているようなインフルエンサーモデルであれば、そのギャランティーも高くなるでしょう。

また、メディアに多数出演しているモデルはさらに高額な費用になる傾向があります。

どのようなモデルを選ぶにしても、自分がモデルを活用して得たい理想のイメージを考えることが必要です。

写真のイメージ撮影にモデルを使いたいだけであれば、モデルの知名度にそこまでこだわる必要はないでしょう。

見た目・表現力などのスキル

モデルの見た目や表現力などのスキルが高ければ、ギャラも高くなる傾向にあります。

時代によっては「可愛い」や「かっこいい」だけでなく、トレンドの顔であるかが重要になることもあるでしょう。

また、撮影時の表現力の高さも評価ポイントになります。

「表現力の高いモデル=仕事がやりやすい」となり、必然的にモデルへの依頼が多くなると、ギャラもその分高くなる傾向にあります。

モデルによってスキルの幅も異なるので、事前にモデルが出演している媒体やスキルなどをチェックしておくと良いでしょう。

モデルに依頼する際の料金相場(ギャラ)

モデルに依頼する際の料金相場(ギャラ)

モデルがどこに所属しているかにもよりますが、ある程度の相場は決まっています。

自分の予算に見合ったモデルを選べるように、参考にしてみてください。

事務所所属モデルに依頼する場合

用途相場
スチール撮影8000円(1時間)~
イベント出演50,000円(1日)~
動画撮影10,000円(1時間)~
SNS投稿4000円(1投稿)~

事務所に所属しているモデルのなかでも知名度が異なれば、値段はピンキリです。

また、モデル事務所によっても値段は異なります。

多数のメディアに出演している人であれば、1時間数十万円のギャラになることもあるでしょう。

事務所に依頼する場合は最低でも1時間1万円程度は見積もっておくことをオススメします。

フリーランスモデルに依頼する場合

用途相場
スチール撮影2000円(1時間)~
イベント出演20,000円(1日)~
動画撮影3000円(1時間)~
SNS投稿2000円(1投稿)~

ほとんど無名のモデルの場合は、1時間数千円程度のギャラで良いこともあります。

有名インフルエンサーとして、多数のファンを抱えているのであれば、そのギャラは事務所所属のモデルよりも高くなる傾向があります。

しかし、フリーランスモデルは個人間で取引を行うことがほとんどなので、値段の交渉をする余地はあるでしょう。

【注意】肖像使用期間や出稿媒体によっても異なる

【注意】肖像使用期間や出稿媒体によっても異なる
📝メモ

肖像権使用期間とは「出稿媒体でモデルをどのくらいの期間利用するのか」ということです。

モデルには肖像権があり、一般的に3か月単位で区切られています。

そのほか半年、1年~のような媒体にどれくらいモデルを採用するのかによって値段は異なります。

撮影の期間や稼働日数だけでなく、メディアへの掲載期間によっても値段は異なることを覚えておきましょう。

モデル撮影にかかるコストを下げるための工夫

モデル撮影にかかるコストを下げるための工夫

プロジェクト始動の初期では、できるだけコストを抑えて依頼したいですよね。

下記のコツを押さえることをおすすめします。

コストを抑えるための工夫
  • イメージを固めて撮影時間を短縮する
  • 売り出し中のモデルを探す

イメージを固めて撮影時間を短縮する

モデルを拘束する時間が長くなるほど、必要なコストも高くなります。

モデルとの打ち合わせが終われば、撮影のイメージを固めておきましょう。

「どのような素材が欲しいのか」「どのような世界観を作り出すか」などを事前に決めておくことで、撮影をスムーズに進められます。

売り出し中のモデルを探す

フリーランスで駆け出し中のモデルであれば相場よりも安くなる傾向があります。

最近では、インスタグラムやTwitterなどのSNSを使えば、すぐにモデルを探せるでしょう。

とりあえず最初に撮影の雰囲気を知りたい人にオススメの方法です。

モデルの撮影にかかる費用を抑えて賢く依頼しよう!

モデルの撮影にかかる費用を抑えて賢く依頼しよう!

今回は、モデルの依頼にかかる費用についてご紹介しました。

本記事の要約
  • ギャラはモデルの知名度とスキルによる
  • 事務所に依頼する場合は1時間1万円程度を見積もる
  • Instagramからフリーモデルに依頼するとコストを下げられる

撮影のイメージを事前に決めておいたり、売り出し中のモデルを利用したりして賢く撮影を楽しみましょう。