モデルはどうやって探す?被写体の探し方・見つけ方の基本

撮影

これから撮影をしていきたいカメラマンや企業のPRをしたいときに悩むのがモデル探しですよね。

初めての依頼はどうやってするのか、そもそも探し方が分からないという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、モデルの探し方・撮影を依頼するにあたっての注意事項をご紹介します。

スムーズに撮影依頼ができるように本記事の内容をしっかり押さえてくださいね。

被写体・モデルの探し方

まずは基本となるモデルの探し方についてご紹介します。

それぞれにメリット・デメリットがあるので覚えておきましょう。

モデル派遣事務所に依頼する

有名モデルや人気インフルエンサーに撮影を依頼する場合は、モデル派遣事務所への登録がおすすめです。

ほかの依頼方法に比べて料金は少し高くなる傾向にありますが、その分スキルレベルが高いモデルが多く在籍しています。

モデルと個人間でやり取りするよりも、ドタキャンやトラブルになることもほとんどないでしょう。

SNSから直接依頼する

最近の主流にもなってきているのが、SNSからフリーランスのモデルへ直接依頼することです。

TwitterやInstagramなどで、「#被写体モデル」「#被写体やります」などと検索すると、モデルをやりたい人とつながることができます。

しかし、相手は一般人であることも多く、撮影に来ない、契約を守らないなどのトラブルが発生しがちです。

自分がなにものか、どのような依頼内容なのかをプロフィールや依頼文に掲載しておくと返信してもらえる確率が高まるでしょう。

自社サイトで集客する

自社サイトで集客してモデルを募集することもおすすめです。

自社サイトを作ってモデルを募集することのメリットは、相手が興味を持ってきてくれていることです。

無料のホームページやSNSを利用して集客するのも良いでしょう。

定期的にサイトやSNSを更新する必要がありますが、集客が自動でできるようになれば、被写体を探す手間を省けます。

撮影会に参加して依頼する

撮影会は一人の被写体に対して複数のカメラマンが撮影をおこなうものです。

大きなイベントであれば、費用も高額になりますが、小さな撮影イベントだと数千円でモデルを撮影できることもあります。

また、撮影会に参加しているカメラマンやモデルとの関わりを深めていけば、別のモデルを紹介してくれることもあるでしょう。

たくさん繋がりを持つと、複数のモデルに撮影を依頼することができます。

知り合いに手伝ってもらう

知り合いにモデルをしている人がいれば、依頼してみるのも良いでしょう。

お互いの素性がある程度わかっているので、スムーズに撮影をおこないやすいことがメリットです。

お互いに緊張がない状態で撮影ができれば、モデルの魅力をさらに引き出すことができます。

知人だからと言って無茶なお願いをしたり、金銭面で不快な思いをさせたりしないようにしましょう。

路上で声をかける

初心者には少しハードルが高い方法ですが、路上で声をかけてみるのもおすすめです。

SNSやネットに比べてそのモデルの魅力が良く伝わります。

実際に撮影するときのイメージをつかみやすいので、撮影時の出来栄えが悪くなることも避けられるでしょう。

また、声をかける際は、自分の素性を明かして話しかけましょう。

マッチングサービスを利用する

マッチングサービスを利用するメリットは、「撮影されたいモデル」と「撮影したい人」という双方の合意があることです。

もちろん撮影時のギャラや出演条件などの決まりを提示する必要がありますが、SNSや街中での声掛けに比べて、マッチングしやすいでしょう。

大手のマッチングサービスであれば、登録しているモデルの数も多いので、自分の撮影条件やイメージに合ったモデルを探しやすいことが特徴です。

素人だけでなく、プロとして活動しているモデルも撮影できます。

相互無償で探したモデルを撮影するのはあり?

相互無償とは、お互いの合意のもと無料で撮影を依頼することです。

モデルは無料で撮影してもらえる。撮影する人は無料でモデルが使えるというお互いのメリットがあって成り立ちます。

とはいえ、無償でやるからこそ、モデルが撮影にこない、拘束時間が長くなるなどといったトラブルはつきものです。

相互無償で撮影する際は、どのくらいの撮影時間になるか、遠征にかかる費用の負担はあるかなどの確認はしっかりとしておきましょう。

モデルに撮影を依頼するときに注意すべきこと

事務所に所属している場合はあまり気にする必要はありませんが、個人間でモデルを依頼する際には以下の点に注意しましょう。

年齢確認をする

とくに若者の多いSNSで撮影を依頼する際は、かならず年齢確認をしましょう。

未成年と合意の下で撮影したとしても、のちにトラブルになることがあります。

18歳未満のモデルと撮影するときは、親御さんや担当マネージャの許可を得てください。

同意書・契約内容の確認をする

トラブルを未然に防ぐためにも、同意書や契約内容の確認を双方でおこないましょう。

とくに金銭に関することは、事前にしっかりと定めておいてください。

また、相手のモデルが事務所に所属していないかの確認もしておくことがおすすめです。

事務所によっては撮影に応じてくれない場合もあります。

「撮影モデルはどうやって探す?」まとめ

今回は被写体・モデルの探し方やその注意点についてご紹介しました。

モデルの依頼方法はたくさんあるので、自分に合った方法を選んでみてください。

また、撮影の際はお互いの条件をしっかり確認してから、撮影に挑みましょう。