モデルの月収ってどれぐらい?年収は?リアルな収入を徹底解説!

モデルの月収ってどれぐらい?年収は?リアルな収入を徹底解説!

実際にモデルの仕事の収入っていくらぐらいあるのでしょうか。
一般的にあまり知られてないものの、誰もが気になるリアルな部分を解説していきたいと思います。

モデルと一括りに言っても、本業がモデル、副業でモデル、アルバイトでモデル、読者モデル、などとたくさんのモデルがいるため収入もかなり差があります。

本業がモデルでも月収・年収や収入は固定給ではない

まずは本業でモデルをしている場合を見ていきます。
本業でモデル、と聞くとモデル事務所(モデルエージェンシー)から月給などの形で、収入を得ていると捉える方も多いかもしれません。

事務所に所属していても固定給ではないことが多い

しかし、多くのモデルは、モデル事務所(モデルエージェンシー)に所属していても、フリーモデルでも、撮影やファッションショーなど仕事に呼ばれることで収入を得ます。

つまり、月収や年収を語る上で、会社員の方などと決定的に違うのは、固定給のような概念はないモデルが圧倒的に多いと言えます。

実績やキャリアによる違い

また、同じモデルでも実績・キャリアなどにより、ランクはあります。
例えば、ある月に、新人のモデルが仕事が5回あって月給10万円、しかし、大御所のモデルが月に5回仕事があって月給50万円や100万円などということはあります。

どの業界でもあるように需要があるモデルは、1日呼ぶだけでも高額、そうでないモデルは収入もなかなか厳しいということになります。

モデルは毎月同じ収入ではないので月収も大きく変動する

最近よく有名人の2世がモデルになり、いきなりハイブランドのモデルに選ばれた、などとニュースなどで目にする機会がよくます。

例えば、そのようなある意味、恵まれた環境からスタートできるモデルは、いきなり収入にも恵まれ、月収・年収もかなりの高額からスタートできるでしょう。

一般的にモデルの収入は「0」から

しかし、そうでない一般的なモデルもスタートは新人から始まります。
1年目の新人の時は、月収10万円、年収にして100万円ほどだったとしても、2年目に月収・年収ともに数倍を得ることもあります。

しかし、逆に収入が0になる可能性も十分にあります。

モデルは個人事業主としての収入という考え方

モデルは会社員という立ち位置や雇用されている立場ではありません。

例えば、お店などでも人気のあるお店はたくさんのお客様が集まり、収入も多い一方で、人気がないお店はお客様が来ないため、収入がないという感覚です。
当然、自分で事業をやってる人であれば、お客様が来ないから収入がない、ダメだったな、では済みません。

続けるか辞めるかは自分で決めることができる

収入がないからモデルを辞める、という選択肢であれば問題はないでしょう。
ある意味、諦めきれないモデルには、残酷ですが、仕事がない、収入がない、という現実と向き合い、辞めるチャンスかもしれません。

需要にマッチさせる努力は欠かせない

モデルは個人事業主であるため、継続したい場合は、事業を営む場合と同じで、お客様に来てもらうために、様々な取り組みが必要となります。

モデルは、需要にマッチすれば、いくらでも収入を一気に増やすことは可能です。
モデルはより自分を客観視し、決して自身を過大評価することなく、自分に対して厳しい意見こそ取り入れるようなメンタルの強さも必ず必要となります。

ポジティブな考え方だけでは難しいですし、ある意味、より俯瞰できる能力こそ磨く必要もあるでしょう。

モデルの月収など収入を増やすためには

現実としては、モデルとしての収入だけでは生活が出来ない、他の仕事をしながらでないとモデルが続けれないという状況のモデルは多くいます。

そして、ある程度毎月の月収もあり、仕事に恵まれ、収入があるモデルでも毎月不安があることでしょう。

モデル以外のスキルを身に付ける必要あり

これからのモデルは、モデルだけで一生やっていく、という固定観念を捨てた方が得策であるのかもわかりません。

モデルは続けながらも、違うスキルを身に付け、モデル以外でも収入となるものを持つ必要性が高くなってきています。

モデル以外の収入をトータルして月給とする

それができれば、毎月モデルの収入と、モデルではない仕事の収入をトータルして月収とすることができます。

モデル経験を生かせればGood 生かせなくてもOK

例えば、モデルの仕事から派生するような収入も考えることができます。
モデルの技術などをレッスンする、また、モデルからインフルエンサーなどになることも可能性としてはあります。

また、全く別の資格などを取得することで収入を増やすこともできるでしょう。
そして、現在はインターネット社会であるため、Webのスキルを身につけることも大切です。

不安定なモデルの収入に対する不安を解消

何かしらの事情で、致し方なくモデルを辞める、休業せざるを得ない場合などもあります。
今のうちにモデル以外のスキルを身に付けていれば、モデルから派生する、しないに関わらず、毎月の月収や収入に対する不安を少しは軽減できるのかもしれません。

また、モデルだけの月収・年収だけで一喜一憂せずに、精神的にも余裕を持つことができます。
結果として、モデルの仕事や収入が好転することもあるでしょう。

時代を生き抜く為のモデル育成プログラムはこちら