他職種に転職はあり?モデルが考えるべき出口戦略とは

モデルをしたいと考えていても、その業界で活躍し続けることは極めて難しいのが現状ですよね。

「モデルをしながら、将来のことを考えたい」

「モデルのスキルを活かせる仕事はあるの?」

「今から何をしたら良いの?」

などと、今後の人生に不安を感じる人は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、モデルがセカンドライフを充実させるための出口戦略についてご紹介します。

転職を成功させて充実した生活にするためにも、今から将来のことを考えていきましょう。

モデルがほかの仕事に転職するのはあり

モデルの世界は非常にシビアな世界で、ずっと稼ぎ続けられる人の割合がごくわずかです。

また、容姿が大切なモデル業界においては、年齢を重ねるにつれて仕事の供給も少なくなる傾向にあります。

とはいえ、モデルで培った美に関する知識やチャレンジ精神は、ほかの職業であっても活かせるものです。

モデルで活動していたときにできたコネクションを使って転職を成功させるモデルもたくさんいます。

モデルスキルを活かせる転職先

では、モデルで培ったスキルを活かせる転職先とはどのようなものなのでしょうか。

以下では、具体的な転職先についてご紹介します。

モデルは外見が重視される職業に採用されやすい傾向があります。

モデル事務所のマネジメント

事務所に所属していたモデルであれば、そのままモデル事務所の裏方に回ることもできるでしょう。

モデルの気持ちが理解できることは、その会社にとって大きな強みになります。

モデルをしているときに必要なスキルとは異なりますが、一定の需要があることは事実です。

カメラマン

モデルとして撮影される側からモデルを撮影するカメラマンになる人もいます。

どのように撮影をすれば素材を生かせるかを熟知していれば、カメラマンとしても活躍できるでしょう。

写真撮影に関する勉強をしながら、アシスタントとして仕事をしていくことがおすすめです。

秘書

業界の役員や社長と仕事をする機会のあるモデルでは、代表の秘書を務めることもできるでしょう。

社外の人と関わる仕事なので、モデルで追及した美意識や接客態度などを活かせます。

求人ページでも募集されていることがあるので、積極的に応募してみましょう。

アパレル

ファッションの知識があれば、アパレルの仕事に活かすこともできます。

アパレルの仕事とはいっても、服を作ることもあれば、服を販売することなど、さまざまなことに応用できます。

人事

モデルが人事採用を務めるという企業ブランディングで、モデルが人事に採用されることもあります。

応募者の増加に繋がれば、企業としての採用価値があるので、比較的採用されやすいポジションだといえるでしょう。

広報

モデルをしていると発信活動が有利になります。

最近の企業はSNSやネットワークを利用した広報に力を入れているため、容姿端麗なモデルとしてのスキルが活かされるでしょう。

企業の顔になることも夢ではありません。

営業

個性やコミュニケーションスキルを活かした営業職もおすすめです。

厳しい世界を勝ち抜くための忍耐力はモデルの仕事で培っているはずなので、積極的に活かしていきましょう。

モデルがセカンドライフを充実させるための出口戦略

モデルの仕事がいつなくなっても良いように、現役でいるうちから将来のセーフティネットを作りましょう。

将来のことを考えれば、セカンドライフもきっと充実したものになるはずです。

自分磨きを徹底する

体型維持のために筋トレやダイエットを追求することで、それらが仕事に繋がることもあります。

また、容姿に関する自分磨きだけでなく、知識への投資も必要です。

資産運用や節税に関する知識があれば、今後の生活を有利にできます。

知識はだれにも奪われることのない資産になるので、勉強しておいて損になることはないでしょう。

SNSを駆使して発信力を高める

最近は、インターネットの発達により、会社に所属しなくても収入を得ることができます。

現役で活動するうちから、SNSやネットでファンを獲得しておけば、自分で事業を作り上げることもできるでしょう。

容姿端麗なモデルは、顧客獲得に有利に働きます。

コツコツ発信力を高めていけば、将来の資産になっていくはずです。

モデル事務所を辞める際に注意すべきこと

モデル事務所を辞める際は、以下のことに注意しましょう。

契約を確認する

モデル事務所に所属したときの契約書はかならず確認しましょう。

契約内容によっては高額な違約金が発生する可能性があります。

また、事務を退所してから活動制限があることもあるので注意しましょう。

他事務所に移籍することも考えよう

所属しているモデルで活躍できなくても、ほかの事務所に移籍することで、活躍できることもあります。

自分のスキルが活かせそうな事務所を探してみましょう。

契約の解除がうまくできないときは、一人で悩まず専門家にも相談してください。

「他職種に転職はあり?モデルが考えるべき出口戦略とは」まとめ

今回はモデルが考えるべき出口戦略についてご紹介しました。

今や働き方は多様化しており、一つの職業に固執する必要はありません。

モデルとして働きながら、ITスキルを磨いていても良いのです。

さまざまなスキルを磨きながら、多様な働き方をする「パラレルキャリア」の働き方は、今後も浸透していくでしょう。